このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

「私がバイトしている書店には、作家の幽霊たちが化けて出る。それも夏目漱石や太宰治などではなく、全く無名の三文作家たちだ」  神保町の外れにあるアオユリ書店。  そこは売れたい…
これまでに読んだ本の感想を連ねていきます。評価は
掲載: 占いツクール 作者: ふぃろ
更新: 4時間前 更新:2019/6/26 20:25
図書館司書だった主人公ケイタは子どもの悪ふざけに巻き込まれて、神様の図書館へ連れていかれる。 期限は1年。中の本を読み放題となり、主人公は思いっきり読書をするが蔵書の100000分の1も読み終えずに...
異世界からの勇者は悪者を倒してくれる。 皆の幸せを守ってくれる。 だが、その彼らを誰が守ってくれるのか。ましてや、彼らが騙されていたとしたら。 幸運はいつでも彼らに訪れるわけではない。 それでも勇者...
異世界からの勇者は悪者を倒してくれる。 皆の幸せを守ってくれる。 だが、その彼らを誰が守ってくれるのか。ましてや、彼らが騙されていたとしたら。 幸運はいつでも彼らに訪れるわけで…
一生の間にはさまざまな出会いがあります。それはまさにご縁あっての出会い。人と本との出会いもまさにご縁あってのものではないでしょうか。 「縁の本棚」では、ご縁あってやって自分のもとにやってきてくれたさま...
新生児仮死という言葉を知っていますか? 産まれた時に息をしていないのです。昔は赤ちゃんのお尻を叩いて「オギャア」と泣かせたそうですが、今は低体温治療、つまりコールドスリープをするのです。21世紀の最先...
本好きにありがちな事を超短文でつぶやく、ごくごく軽い読み物。
“果ての図書館”。その文字列に私は何はなくとも惹かれていたんだ。きっとそれは、定められていたものだったのだろう。 香鳴裕人様の企画「同題異話SR -June-」参加作品です。 …
巻き込まれ少年のテオと、少女型魔術具のクーが、色々な課題に直面して、ちょっぴり成長しながら、最終的には国の脅威となっている魔女を、なんとかしちゃうまでの物語。  テオもクーも、能力的には優れているけ...
没落貴族の家に生まれたルセウス。だが、とにかく本をこよなく愛していた。金はなくとも、知識と教養のある両親に育てられ、すくすくと育つ。ルセウスにとって本は空気のようなものであり、魔…
「本、取ろうか?」 本と身長差と 季節とが巡る、 穏やかなその場所で 彼らは出会った。 *** 放課後の図書室で 本好きな君と恋を *** さあ、二人で物語を紡ごうか。
佐山靖之は、どこにでもいる大学1回生。  ある日、いきつけの本屋で出所不明の羊皮紙本を貰った。とはいえ、彼はただの学生。解読どころか取っ掛かりすら掴めない中、目が覚めると近代ヨーロッパの世界だった。...
ある日、数真(かずま)は詩織(しおり)が落としたハンカチを届けるため、彼女の屋敷へと迷い込む。屋敷の書斎で、彼は本から飛び出た「闇」に飲み込まれ、詩織と共に「浦島太郎」の世界に入ってしまう。  詩織は...
初めまして。 ねぎと言います。 このエッセイでは私が興味を持ったもの、好きなもの、日常生活についてだらだらと書いていきます。 四日目 ロングセラー菓子について 五日目 ハルキストについて 六日目 子...
ゆるい読書人を自認する有村瑞希は霧乃宮高校文芸部に入部する。 そこにはミステリマニアの鈴木早苗、海外の古典を愛する北条亜子、そして圧倒的読書量がありながら他人に本を薦めない結城恭平という濃い部員が揃っ...
ゆるい読書人を自認する有村瑞希は霧乃宮高校文芸部に入部する。 そこにはミステリマニアの鈴木早苗、海外の古典を愛する北条亜子、そして圧倒的読書量がありながら他人に本を薦めない結城恭…
「あなたの物語を見せてください」 まだあどけなさの残る少年、シックザール=ミリオン。彼は人間ではなく、立派な本になることを目指す「白本」の少年だった。相棒の少女アルメリアと共に、彼は様々な世界を回って...
本を買うことができる場所ときいて、みなさんはどのような場所を思い浮かべるでしょう。  街の本屋さん、古書店、古本市、ブックカフェ、文学館、博物館、美術館、記念館、図書館、ネット…
小説が好きな高校生髙木(たかき)読(どく)は運命のいたずらにより異世界転移することになる。 読が異世界転移の際神様から与えられたのは、様々な力を使えるようにしてくれる成長する本であった。本の能力で最初...
千年前にとある作家が書いた“生きた本”。 その本の中の世界の展開は如何様にも。読んだ者が記す未完成の本の数々。 スキルという権能を授かる人々は、この“生きた本”を開き、作家の付与したスキルで本の中ーー...
掲載: アルファポリス 作者: 283
更新: 2019/06/19 文字数 1,034
自分と小説との出会いとかについて書いてみました。 (この作品は小説家になろうにも掲載しています)
400~600文字のショートショート集です。 あなたの時間を1分下さい。 時々詩もあります。 宜しくお願い致します♡
本好きの羽葉澤水樹は、光と人の形、両方を持つ摩訶不思議な二人のイケメン男性に、異世界へ運ばれた。何故か水樹は、ユラクソウィッテという国の、二つの名前を持つ、貴族になってしまった。ちょっ、どうしようね。...
春、それは中途半端な季節、らしい。  そして、ある日を境に思うことがある。今度もここで会えたらいいな、と。  学校のある丘から下って、大通りに出ると、路面電車がはしっている。…
※1ページ1ページが若干長めの、じっくり読書向けの長編です※ 5/5現在、22話+閑話まで公開  50年に一度、1年に渡って一冊の【本】と、姫と、不老不死を巡る【戦い】が勃発…