このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
日常に這い寄る怪異、引き受けます。  男子高校生の氷魚(ひお)は、ある日奇妙な夢を見る。それは、クラスメイトが電車の中で小人に惨たらしく殺されるというものだった。  登校した氷魚は、夢で殺されたクラ...
雉妖怪の朱衿君は、鳥なのに日が昇り切ってから目を覚ますようなのんびり屋。  そんな彼の日常をつづった物語。 ※ほのぼの成分97%で構成されていますので安心してください。  ほ…
気がついたらたどり着く、そこは不思議な場所。 訪れた者は声を揃えて言う『なにもない』。 駅には駅員一人と白い犬が一匹。 田んぼを見回る『烏飼い(からすがい)』がいて。 神出鬼没のバー『人魚の壺(マ...
人間と妖のふたつの世界のはざまに、廻廊と呼ばれる空間があった。  決して交わるはずのない世界の住人が、迷い込んだら二度と元の世界には戻れない、それぞれの世界をつなぐ、一方通行の…
「もし、あたしを裏切るようなことあらば、この命を賭けてテメーを還(ころ)す」 「くっくっ……そう簡単にくたばってくれるなよ。まだまだ楽しませてくれ! 100年ぶりに人に飼われてや…
身近な怖い噺(はなし)の短編集。 話は繋がっておりませんので、気になったタイトルを開いてみて下さい。 怪談・怪異愛好家の私が伝え聞いた、怖くて、奇妙で、明日あなたが出会うかもしれ…
大学生諏訪茂は改造人間である。彼を改造したシャフトは、ただ今お家騒動真っ最中の悪の秘密結社である。諏訪は、自分の自由と大好きな人を守るために、お家騒動を戦い抜くのだ。
訪れた者は声を揃えて言う『なにもない』。 駅には駅員一人と白い犬が一匹。 田んぼを見回る『烏飼い(からすがい)』がいて。 神出鬼没のバー『人魚の壺(マーメイド・ポット)』があっ…
人間と妖のふたつの世界のはざまに、廻廊と呼ばれる空間があった。 決して交わるはずのない世界の住人が、迷い込んだら二度と元の世界には戻れない、それぞれの世界をつなぐ、一方通行の入り口、幻影廻廊。 だがそ...
とある町には、あやかしの悩みを解決する神様がいる、という噂が流れていた。それを信じて足を運んだ先、神様が開口一番に言ったのは……「断る」。 見た目は美少女の神様とご近所の妖怪に振…
シングルマザーの占い師を母に持つ、神無代和樹(かみむしろ・かずき)は、中学三年生。 ある日、亡き父の幽霊と出会い、「お前の運命の恋人が、悪霊たちに狙われている。お前は、彼女を護…
人ではないモノの力と感性を持つ少年少女が、何のために生きて力を振るうのか、人間らしく変わるために何をすればいいのかを探す物語。  花街の自警団に所属する少女、志乃は妖雛(よう…
第1章「狐」(泰河) 片や霊感に乏しく、片や陰陽道にも多少通じる神社の次男という祓い屋二人が、齡三百だという狐に出会う話です。  第2章「花の名前」(ルカ) 日本で悪魔と出会う祓い屋とエクソシストの...
――太極は万物を構成する根源である。太極に表される陰と陽により森羅万象は成り立っている。  ――陰と陽、善と悪、そして荒魂(あらみたま)と和魂(にぎみたま)。  荒魂とは神の…
――魑魅魍魎が棲みつく化け物屋敷がある。  それは、京都府宇治市に存在する噂。  藤原四季が京都へ引っ越してまもなく、両親は飛行機とともに消息不明になってしまった。途方に暮れた四季は、たまたまコンビ...
――魑魅魍魎が棲みつく化け物屋敷がある。  それは、京都府宇治市に存在する噂。  藤原四季が京都へ引っ越してまもなく、両親は飛行機とともに消息不明になってしまった。途方に暮…
『常世と現世と月結び』シリーズ最終章! ※「常世と現世と月結び〜薬学部二年の私は、常世で薬師見習いをはじめます〜」がシリーズ一作目、「〜もふもふ美男子と、同居生活をはじめます〜」がシリーズ二作目にな...
小学六年生の女の子、葛葉一夏(くずのはいちか)は、祖母の住む田舎の農村で夏休みを送ることになった。 化け狐伝説のあるその村で、不思議な少年、ヨウと知り合う。 決して触れることの…
物語の舞台は人を襲う鬼が潜む平成の東京。ある日、渋谷を歩いていた無職の青年・奥山情門はその場で27人を殺害し、死刑囚となった。しかし突然やって来た鬼退治を専門とする機関・公安第五…
落目欽之助は失恋のすえ、小説家になる夢を諦めるとともに、田舎で隠遁生活を送ることにする。手頃な古家を見つけて、早速そこに移り住んだが、ほどなくいろいろな怪異に見舞われるようになる。  「あやかし奇譚...
晴れた日でも、その屋敷の周囲だけがじっとりと湿って見える、通称、雨屋敷。  そこは生きている人間と死んでいる人間の境界が曖昧な場所だった。  遺産を巡り、雨屋敷で起きた殺人…
なんだかんだあったが、結局、蔵には、いわくつきの品々がそのままで。 ほとりもまだ寺に居た。 そんなある日、とある依頼が舞い込んで来て。 いや、此処、寺なんですけどね……。 だんだん、便利屋じみて...
場所は現代の日本のような国、迦楼羅(カルラ)。魔法文明が衰退し、科学が台頭していた。しかし、魔法文明が衰退しても科学では解決できない不可思議な事件が頻発していた。 時の迦楼羅帝は…
・簡単なあらすじ 故郷を滅ぼされた少女の身に憑依した妖刀が、復讐を代行する過程で、妖怪を退治したり仲間にしたり国取りしたりする和風ファンタジー。 地の文多め、伏線てんこ盛り。 …
特異な能力と凄惨な過去から、心に深い傷を抱える光弘。 光弘の不器用な優しさと温かさが、主人公たちの心を切なく惹きつけていく。 おかしな駄菓子屋のアイスボックスから繋がる異世界への…
元禄十四年(1701)板の近世怪異小説『好色百物語』の現代語訳です。 好色をテーマとした百物語系の怪異小説なのが特徴で、近世怪談本のジャンルの幅広さがわかる面白い作品です。 【…
時は2059年。  世界は平和に包まれていた。  もちろん、世界のどこかでは戦火があがり、また飢餓や貧困、病気に苦しむ者もたくさんいる。しかし、それは概ね21世紀初頭とまったく変わりなく、過去から現代...
時は雅なる平都にて陰陽師が活躍していた頃。稀代の陰陽師安倍晴明の子孫である、少年雅相はいわゆる落ちこぼれだった。  そんな少年の落ちこぼれの日々は、とある都での騒動によって蝕ま…
真実の愛などない。 ましてや、永遠の愛など。 それでも、死後にまで渡る想いがあるなら それは、真実の…永遠の愛なのかもしれない──
幻想種。  遥か古来より存在する、人間の恐れ、信仰、願望などの想いから生まれた、科学で解明できない生き物の総称。  科学が発展した現代においても、人間の強い欲望に反応したそれ…