このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

初夏。祖父の他界を契機に田舎へ移ってきた青年。 山深い土地を舞台に、人々との交流と、そこで巻き込まれる事件、奇妙な出来事を描く。
戦国の世は終わり泰平の世が訪れようとしている。そこで天下の諸将が話すことは。戦国異伝での信長以外の諸将を書いたお話です。
私が社会事象や文学、芸術などについて感想を書いてるだけです。 笑えるようなものを目指してます。 どうかつまらないものですが、お受け取りください。 ↑超地味な紹介文、上っ面です。 実際にはアホマックス...
こんにちは。革命・芸術 末尾ルコです。メインブログにアップしたエッセイをこちらでも「連載」という形にします。よろしくお願いします!これらはすべて末尾ルコ〈「言葉」による革命〉方法論を反映しています。
科学者アクアと文学者キイツ。 まったく正反対の二人は、神戸を中心とした関西を旅しながら互いの理解を深めていく。 しかし、二人の間には理解しあう事のできない過去の震災の記憶があった。 科学と文学、二つ...
更新: 6時間前 全25部分
詩、とは言い難い言葉の綴り 更新は不定期 いつかこの言葉で、アナタの人生を歪めたい
短編集にする予定です。 時間がある時に続きを書き続けるつもりです。 よろしくお願いします。
「ここに記したことこそが、私が目にした真実である。」 その物語は、19世紀フランスで執筆されたものが原典だろう。 時には分岐し異なるストーリー展開をしながら、心惹かれた者達によってあらゆる...
赤石悠人は、常に疑問に思っていた。 「聡助~、今日も格好いいよ~、大好きだよ~」 「はいはい、お前はいつもそれだな」 「ちょっ……あんた! 今しおりんの胸見たでしょ!?」 「みっ……見てる訳ねぇだろ!...
2032年、東京オリンピックも終わり、超少子高齢化に直面している日本。 景気を回復させようと日本政府は「評価経済決済法」を制定する。 この政策により、世の中は評価経済が重視されることになっていく。 反...
これは、単発の作品登校シリーズです。毎回毎回違う物語があります。
掲載: ノベルバ 作者: コロンact01
更新: 8時間前 連載:1話
東京杉並の私立名門学園に古都奈良から転校してきた三田華音君。 転校するなり、不思議な魅力と「御力」で、周囲を変えていく。 さて、華音君が転校してきた目的とは? そして気になる華音…
僕の大切な人。僕の大切でない人。 2人の女性が僕の頭をかけ巡り、そして思考をかき巡らす。 大切な人はサキ、君だけだ。 だけれども試したいことがあるんだよ。 したいことがあるんだよ…
稀代の才能を持つ少年だが、一族の仇を背負った斬妖人、文牧。こんな彼を守るため刀と誓いを交わした双子の姉、シャール。蜘蛛の妖怪を引き寄せるための絶好の餌だった双子の妹、蝶。三人の運…
思いたった時に、何か書きます。 とりとめがないです。 本のこと、本屋さんのこと、街歩きのこと、図書館のこと、美味しいもののことなどが多めです。
日記をつけ始めようと思ったのだが、文章を余り書いた事がなかったので、とても拙い文章になってしまった。これから、ぼちぼちうまくなる予定である。
凪司工房がかつて別サイトに掲載していたものを、保管用に掘り起こして掲載しています。 誤字の修正はしていますが、ほぼ当時のままです。
更新: 2019/05/23 全12752文字
「私は天才だ」 高校二年生のとある人間はこのように思った。 倉敷 夏樹 彼は人と仲良くなるのが好きだ。それ故に、自分のあり方を探した。 そして彼は得た。唯一無二の精神論を。...
掲載: ノベルバ 作者: 相原兵士
更新: 2019/05/23 連載:1話
純粋 人生 巡業中
掲載: メクる 作者: 二色燕丈
更新: 2019/05/22 110ページ
星空を仰ぐと思い出す。 けれどそこにとどまってはいられない。
掲載: セルバンテス 作者: 砂東 塩
更新: 2019/05/22 全2664文字
《村は燃え落ちていた。風の噂で聞いていたとは言え、子供のころよく石蹴り遊びをして遊んだ肉屋の裏路地や、貧しいなりにいい身なりのファサードを持っていた教会ですらも跡形なく焼き尽くされているのをいざ目の当...
ガチ文学オタクから古典芸能の世界に入り、舞台芸術とゲームシナリオを経て、いつまでもいつまでも書き続ける性分を、最近は嘆きつつ、持て余しつつ、その実みっちり楽しんでいる三十路女のエ…
超短編小説集。様々な人物、世界で繰り広げられる物語(一人称・三人称問わず)があなたを嘘っぱちで時折本当に欲しくなる世界へと誘います。
金九仁と陳木倒は神託で中国回族自治区銀川に来ていた、そこで生き別れの妹を探して欲しいというギルドの依頼があって。夢幻水滸伝外伝の一作です。
《けれども、ひとたび彼女がメイクを終え、おおきく開いた襟ぐりにドレープのたっぷりついたセルリアンブルーの衣装を身につけ、肩甲骨同士をキスさせるような挙措をとるときは、彼女は確かにまりあ・ゴールドだった...
更新: 2019/05/21 全19331文字
日記を書こうと思ったけれど、うまく書けない。うまく書けないというのは、大体において、言葉が不足しているか、過剰なのか、はたまたもう一度書き直すのがいいのか、よくわかない。まあどうでもいいことなのに、そ...
自室のドアを開けたら魔王に捕らわれているお姫様がいた。 そこから始まる勇者道!
掲載: ノベルバ 作者: ハジ
更新: 2019/05/21 連載:5話
全部が消えても、 それだけは残り続ける。
《嘉数智がおれに向かって発した第一声は、おそらく、凡例としてはなかなかに優秀で、つまりは、事情を何も知らないひとの嘉数智への興味をよく惹くだろうものだ、と言っていいだろう。  ――おれに近づくな。  ...
更新: 2019/05/20 全26586文字
「あの人」は死んだ———4人が別々の視点から語る「あの人」の姿。 運命の出会いなんて、ないと思っていた。 君はずっと、生きていると思っていた。 人の死に、何か思えるほど大人じゃない。 死んだ後ほど、...
掲載: セルバンテス 作者: 紅坂 紫
更新: 2019/05/20 全5228文字