このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
一山の敷地に、こじんまりと本堂を構える後光寺。住職を務める「御白川 我聞」とその義理の息子、庄司が寺に住み、僧侶の菊陽が通ってきている。 女遊びをし、大酒飲みの生臭坊主、我聞が…
親に失踪され、東京都の立川市にある学校に通いながら、学生寮の管理人をすることになった僕。 転校のせいで友達作りに失敗。寮に帰っても学生は奇人変人だらけで、おまけに幽霊が出る噂まであった。 ところが寮の...
落葉の季節。来訪した男女を、住職は寺の陰からうかがいました。
精神科医の藍円寺昼威は、若くして開業したが患者が来ないため、救命救急でバイトをしている。昼威は生まれつき、実家が寺で、霊が視える――が、いいやそれは気のせいだと考えて、視えたらホコリとして手で払い(祓...
一山の敷地に、こじんまりと本堂を構える後光寺。住職を務める「御白川 我聞」とその義理の息子、庄司が寺に住み、僧侶の菊陽が通ってきている。 女遊びをし、大酒飲みの生臭坊主、我聞が、ほとんど仕事をし...
凸山商事の女性社員が、京都・奈良・滋賀の庭園と仏像を歩き、語り尽くす旅日記。仕事に疲れたサーヤ、陽気なムードメーカーのアイ、蘊蓄マスターのミリー。今日も3人はどこかで旅をする。
勤めていた雑貨屋が閉店し、意気消沈していた繁昌真璃は、焼き鳥屋で飲んだ帰り、居眠りをして電車を乗り過ごしてしまう。 財布も盗まれ、終電もなくなり、困り切った末、京都の祇園に住んでいる祖母の家を訪ねる...
大学生の梅之助が映像研究会の課題として取り組んだ”心霊スポット突撃訪問”の企画。 これに参加したメンバーや、幼馴染の寺の息子玄ちゃんと一緒に心霊スポットを巡っていた。 とある、心スポをきっかけに状況が...
寺にロボット掃除機が導入された結果、人類が滅びるまでの物語
更新: 2020/12/05 1話
部活帰りの路地で、明日香は不可思議な音を聞く。少しずつ崩れていくブロック塀に精神を蝕まれながら、正体を探ろうとする。
掲載: カクヨム 作者: 小山雪哉
更新: 2020/11/04 2話
母に連れられてやってきた墓には、虫が埋まっているという。 その虫は、なんだ?
掲載: カクヨム 作者: 山川 湖
更新: 2020/10/27 1話
日々の生活に嫌気が差した「僕」は、山奥の小さな寺を訪れる。 閑静で神聖な生活を送る新しい日々の隙間に、闇は突然、姿を現す。
更新: 2020/10/17 1話
曰く付きの池で起きた水難事故。その関係者の身内が後光寺に原因究明の依頼をしてきたのに、調べにいったところで、河童と遭遇し、予想だにしない真相を聞かされ・・・。 「生臭坊主と不肖の息子」のサイドス...
恋人の雅也に酷いフラれ方をしたみづきは、会社の仲間に誘われるまま、山奥の宿坊の「修行体験ツアー」に参加した。気分転換になるはずの旅行だったが……。 背中に刺青のある美しい僧侶。後…
紳士的でいつだって私や私の両親にやさしくしてくれる 素敵な旦那さま・・だと思ってきたのに。 隠された夫の一面を知った日から、眞奈の苦悩が 始まる。 苦しくて、悲しくてもののすごく惨めで・・ 消えてし...
知る人ぞ知るあじさい寺の 山を覆いつくすあじさいに見惚れ、 詠んだ詩です! ぜひ(詩も実物も)ご覧ください!
島根県。 田舎中の田舎と言っても過言ではない県全体が田舎である島根県。 こんなところに何があるのか?都会のようになんでもあるわけじゃない。けど、都会には無いものがそこにある。 さあ、田舎の深い所を見に...
【この物語には主人公が居ません】  戦の時代、小国同士が争い陣地を広げていたような頃の物語――  大国を築いた国王は飢饉により多くの民を犠牲にした。納税を厳しくした結果、民たち…
とある女子高生、涼子の部屋には男の子がいる。やせぎすの身体、魚を思わせる目、黒目勝ちの目。「彼」はクローゼットの中で身を潜め、夜十一時になると現れる。 涼子と「彼」の行く末は——。 ホラーでシュール、...
ある晩の瞬間的な恐怖体験を元に想像を膨らませて綴った超ショートショート。
ある日を境にミント味のタブレットを絶対に食べさせてくる謎の男につきまとわれてしまう。気味が悪くなっておれはその足で交番に駆け込んだが――。
最初に目についたのは彼女の小さな足だった。裸足で桟橋に立つ少女は黒い瞳でぼくたちをじっと見つめ、何かを咎めるように、そして何かの言い訳をするかのように、小さな唇を真一文字にしっかりと結んだ姿でぼくたち...
他の課のよく知らない男にいきなり倉庫に連れ込まれ、プロポーズされた莉王(りお)。 オフィスラブ。
冬休み三日目の夕方に、ふらりと「その街」に向かった彼は、人気のない夜の寺から出られなくなってしまう。 いつの間にか焚かれる線香、妖しげな亀の石、燈の少女。 「君は本当にここから出…
山間の辺鄙な村、「みころ村」。 毎年8月の20日間だけ、この村は大盛況になる。 その理由は、村の総力を結集して開催する「大人が本気で泣く、肝試しツアー」。 村民上げての一大イベントの成功には、とあ...