このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
1336年の室町幕府開設から凡そ100年。 実権を失い、傀儡と化した足利将軍家を他所に、全国の士族あるいは諸勢力は、自らの力を以て独立し、勢力拡大へと舵を切った。 いわゆる、戦国時代の到来である。...
新入生として入学した高校生が、学園非公認クラブ活動で妖しの世界での冒険を始めることになる。 宝探しも始まり、そのお宝をめぐって正体不明の強大な敵との闘いが勃発。 激闘を繰り広げる…
滝川瑞貴は、16歳になった日から『神媒師(しんばいし)』としての務めを果たさなければならない。 霊媒師は世に知られた存在であるが、『神媒師』は密やかな存在でなければならない。 神様と人間世界を繋ぐため...
金ケ崎の退き口の乱戦の最中、木下秀吉の弟・小一郎は、突如別人のような働きを見せ始める。 彼の中に、三百年後の世を生きたあの幕末の偉人、坂本龍馬の一生分の記憶が入ってきていたのだ。 彼が得たのは、ほん...
あらすじを簡単に書くと、次のような感じです。 少しでも興味持ってもらえたら、ぜひぜひ読んでみてください。 俺、どこにでもいるような普通の青年!        ↓ ん?目が覚めたら、戦国時代に生まれ変...
西暦1600年関ヶ原の戦い。豊臣の天下を守る石田三成の軍師、嶋左近が、天下簒奪を企む徳川の銃弾に倒れ、目覚めたら……。 「なんじゃこりゃ?!」 高校三年生、時生カケルと魂が入れ替わった。 現代の嶋左近...
滝川瑞貴は、16歳になった日から『神媒師(しんばいし)』としての務めを果たさなければならない。 霊媒師は世に知られた存在であるが、『神媒師』は密やかな存在でなければならない。 神様と人間世界を繋ぐため...
滝川瑞貴は、16歳になった日から『神媒師(しんばいし)』としての務めを果たさなければならない。 霊媒師は世に知られた存在であるが、『神媒師』は密やかな存在でなければならない。 神…
とある乱世の御家再興(リバイバル)物語。 戦国武将小笠原貞慶。 礼法や弓馬術として今に伝わる小笠原流の継承者であり、長野県「松本」の名付け親でもある。 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。 この3英傑に従っ...
小説なので当然フィクション。 でも歴史物って実在の人物、出来事を扱ってる訳だから、小説内で書かれてる事が、どこまで史実や史料に基づいてるのか?って、つい気になってしまう方の為に。 本能寺の変についても...
小説なので当然フィクション。 でも歴史物って実在の人物、出来事を扱ってる訳だから、小説内で書かれてる事が、どこまで史実や史料に基づいてるのか?って、つい気になってしまう方の為に。…
かつて戦乱の世に生まれ、日ノ本の頂点まで駆け抜けた男がいた。▼その魂は死して天に昇ること無く、もう一つの戦国へと転生する。▼これは夢を越え、夢から覚めた男が、再び夢を追いかける物語である。
豊臣政権で五奉行の一人として太閤の金庫番という重責を担った長束正家。その名は歴史の端々で散見されるものの、彼の実像は定かではない。本作は、正家の関わった断片的な史実や言い伝えを…
戦国一のヤンデレ、細川忠興と、戦国一のキリシタン美女、明智珠子。 略して忠珠《ただたま》。 二人の小説を書きました。 ※noteにも掲載。 https://note.com/amamiyou/...
戦国の世に一人の男が転生した。転生したのは何と農民。戦国の世を前世の記憶を頼りに生きる転生者の物語である
最終章突入 旧タイトル 「津田信澄転生記 未来を知って織田家を守る」 (麒麟を呼べ編) 天正12年、津田信澄は小牧・長久手の戦いへと向かう羽柴秀吉の軍勢を襲いこれを討ち取った。 こ信長と光秀の志を...
日本史最大の英雄、織田信長。 彼の名を、彼の人物像を、知らないと言う日本人はほとんどいない。しかし、信長は時代が移り変わると共にその人物像も変化してきた、時代の映し鏡だった。 天皇中心の時代であった...
日本史最大の英雄、織田信長。 彼の名を、彼の人物像を、知らないと言う日本人はほとんどいない。しかし、信長は時代が移り変わると共にその人物像も変化してきた、時代の映し鏡だった。 …
「大罪人の娘 前編」は、明智光秀の次女、凛(りん)が大罪人の娘となるまでの過程を描きました。 「大罪人の娘 後編」では、さらに2人の女性が登場します。 1人目は、明智光秀の長女、玉。 凛の姉で、関ヶ原...
花まつろうは織田の美姫、お市の方の生涯!愛憎相半ばする数奇な血筋、十三歳差の兄は織田信長!戦国を生きる兄妹の運命を描く時代長編!『花繚(かりょう)の動乱』
忠か不忠かという二元論のもと、四百年の長きにわたり評価が二分されてきた片桐且元。固定化された空疎な二元論から脱却し、現代の企業戦士にも通じる人間片桐且元の心の機微に勝手に分け入ったうえで勝手に解釈し、...
忠か不忠かという二元論のもと、四百年の長きにわたり評価が二分されてきた片桐且元。固定化された空疎な二元論から脱却し、現代の企業戦士にも通じる人間片桐且元の心の機微に勝手に分け入っ…
備前の太守であった浦上宗景▼彼は備前と美作を有していながら、家臣の宇喜多直家により追放される▼彼から見た戦国という時代▼独自解釈やオリジナル設定もございますのでご了承下さい
第1章は「桶狭間の合戦」について、従来の「迂回奇襲説」を否定し「正面攻撃説」が主流になりつつありテレビでも紹介されたが、その新しい通説にも重大な疑問があることを書いてみた。十分な検証もせずこれ以上「正...
未だ幽玄の室町邸より漂う妖霧に包まれる戦国中期、 尾張国より近江六角領を目指すある連雀師(れんじゃくし)の一座があった。 清流のせせらぎうち、皆に遅れて、解けた草鞋の紐を結び直す少年ひよし。 その辺り...
小牧・長久手の戦いのさなか、最前線の犬山城で、のちの天下人羽柴秀吉は二人の織田家旧臣と再会し、昔語りを行う。秀吉も知らぬ、かつての巨大な主家のまとう綺羅びやかな光と、あまりにも深い闇。近習・馬廻・母衣...
小牧・長久手の戦いのさなか、最前線の犬山城で、のちの天下人羽柴秀吉は二人の織田家旧臣と再会し、昔語りを行う。秀吉も知らぬ、かつての巨大な主家のまとう綺羅びやかな光と、あまりにも深い闇。近習・馬廻・母衣...
「大罪人の娘 前編」は、明智光秀の次女、凛(りん)が大罪人の娘となるまでの過程を描きました。 「大罪人の娘 後編」では、さらに2人の女性が登場します。 1人目は、明智光秀の長女、…