このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
授業中に、腹が減ってお弁当の中身のこととか、好物のこと考えたことありませんか? お店で美味しそうなものを見て味の想像をしませんか? 妄想による飯テロ小説
夏井カナタは漫然とサラリーマン生活を送るごくごく平凡な30歳だった。 ある日、仲良くなった研究者に資金援助をした結果、その研究者が異世界に通じる装置を開発してしまう。 カナタは援助の見返りとして異世界...
マイペース主人公が好きなようにゲームを楽しんでいるうちに気づけば最強に。マイペースすぎて用意されたメインストーリー通りに進まず、お使いクエストもスルーして隣の獣道で最短距離を征く。 主人公がNPCに男...
「すまない、ダリヤ。婚約を破棄させてほしい」 結婚前日、目の前の婚約者はそう言った。 前世は会社の激務を我慢し、うつむいたままの過労死。 今世はおとなしくうつむいて、いい妻になろうとして婚約破棄。 ダ...
3年間付き合った彼氏から結婚目前で裏切られたミヤコ。 傷心というよりも呆れて物も言えない。ずっと二股かけてたなんて。 もう結婚なんて望まない。恋愛なんて糞食らえだ。私は夢に生きて…
遠征部隊に配属となった衛生兵のメルは、支給される保存食の不味さに悶絶する。 パンは酸っぱく石の如く。干し肉は無味無臭で噛み切れない。 生命の危機を覚えた衛生兵は、一人立ち上がる。 これは、エルフの少女...
森の奥で小さな魔法薬店を営む魔女リリア。 三人いた弟子たちは皆一人前になっていき、ついには三人目の弟子も独り立ちしてしまった。 そして彼女はあることに気づく。今日からごはんどうしよう。 いつも弟子たち...
王家の魔術を盗んだ冤罪で死の山に追放されたら、何故かその洞窟の行き止まりに「アジア北方部第12区地下基地南エレベーター」と日本語で書いてあった話。 追放から始まるお手軽なチート・ハーレムの異世界...
森の奥で小さな魔法薬店を営む魔女リリア。 三人いた弟子たちは皆一人前になっていき、ついには三人目の弟子も独り立ちしてしまった。 そして彼女はあることに気づく。今日からごはんどうしよう。 いつも弟...
少子化とお墓不足対策によって生み出された墓守女子。 墓守女子の仕事は、おじいさんや自殺した男性などの遺体を彼女達の体内で埋葬する事…。 当然ながら、彼女達の収入は10代後半の時点…
普段は得意な裁縫を仕事にしているマリー。 でも最近お父様が亡くなりもう1つの仕事が増えた。 それは週に2日夕方の5時から9時迄の4時間のみ開店する店マリアージュ。 売っている品物は、高級そうなアンティ...
八十代後半の祖母が作る、実に奇妙な食卓の風景。王道、常道、正道の全てを跳ね除けて、奇抜にして想定外の食事が、今日も目の前に展開される。
主人公のモツが仲間と岡山県の駅前で大暴れ! 岡山県の駅前広場にある桃太郎の像を壊そうとする謎の組織。 モツはひょんなことから謎の組織に関わってしまい狙われる事になる。 モツが…
魔王を倒す旅の途中で魔物に倒された勇者は仲間の手によって教会で復活するはずだった。しかし、教会の神父の手違いで江戸時代の日本に送られてしまった。
子供の頃にひどい虐待を受けた翔太はとある施設に預けられる。 またその施設も、児童に対する扱いが酷く、子供たちは毎晩のように咽び泣いた。
太陽が夕陽に変わり、月と交代し始めた頃一軒の不思議な店の灯りがつく古風な洋館に足を踏み入れると最後の日の晩餐にしたくなる程美味しい料理に出逢えるかもあてんしょん...
更新: 2019/10/27 更新:2019/10/27 18:55
新潟の米農家の娘二階堂稲穂はお米は白いものと思っていた、だが赤いお米や黒いお米があると聞いて。こうしたお米は実際に奈良で復活して売られて食べられています。
ウルトラの国で数少ない犯罪者となった、ウルトラマンベリアル。彼には、少し歪んだ弟がいた。▼顔に傷がある彼は、心にも深い傷を負っていた。▼そんなやさぐれている彼は、ある日ウルトラの父に「地球にいけ」とい...
結婚するには料理の出来る男が仇となり、三十四歳になってしまった彼女のいない独身男性、柳瀬和紀(やなせかずき)は部下である三十一歳のテンション低めな女、天上乙希(あまがみいつき)の…
これはごく普通(?)の兄妹の日常生活を淡々と書いた作品です。 「あるある」や「ないわー」とか「えぇ…」とかそんな感じです。 お暇な方はどうぞよろしくお願い致します。 最後に一言。 タイムセールって掘り...
僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料理を作ることにします。…………これは、後の...
商店街を抜けた住宅街のその奥に ひっそりとたたずむ昔ながらの一軒家 そこに静かに暮らす 若き准教授 藤波怜(ふじなみれい) 梅雨のとある日 紫陽花の茂みの中で彼は一人の女の子を見つける 彼女の...
平凡なサラリーマンである夜野遊人(やのゆうと)は、娯楽のために生きている。彼は「おひとり様」の人間で、何をするにしても一人で楽しむタイプだが、彼の行く先では誰かが必ず絡んでくるのであった。そして、その...
鉄オタでいじめを受けていた主人公。修学旅行への出発直前、人生に絶望した彼は復讐を兼ねた自殺を思い付いた。計画を胸に秘め東京駅の改札を通った筈だったが・・・。改札口の先にあったのは、戦前の東京駅に似た異...
僕は柴犬、風連。僕のご飯の食べ方。
更新: 2019/09/07 2019年9月7日更新
肝臓改善エッセイからの派生の様な話。 その辺の野良猫に餌を与えるかどうかという話。動物愛護とか、野生動物に餌を与えてはいけませんとかそういう話ではないです