このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

有史以前、文字は自然の一部として、世界に息づいていた。そしてそれは猿とも人ともつかない生き物が、木の枝を拾って、それを道具として使い始めたように、あるいは火で夜を照らしたように、…
有史以前、文字は自然の一部として、世界に息づいていた。そしてそれは猿とも人ともつかない生き物が、木の枝を拾って、それを道具として使い始めたように、あるいは火で夜を照らしたように、いつからか人は文字を使...
更新: 12時間前 連載中 5話 / 2019年6月24日更新
乾燥厳禁の頭皿ケア、甲羅の微調整、そして八百屋のおっさんとの確執――。音楽も聴けば恋もする、そんな河童の知られざる日常をクローズアップ現代。
謎を秘めたパラレルな世界に静かに流れる時間と記憶の物語。自分たちがここにいる秘密を解き明かすために、数百年前に書かれた古いノートとミドリ鮫だけを頼りに、延々と広がっていく仮想世界を彷徨します。  現実...
「桜丘神社へ行きなさい」 たったそれだけ、託された遺言から少女の日常は非日常へと変化する。フツウで無くなった日々を通して、一人の少女は何処へ辿り着くのか。 現代奇譚、開幕。
古びた彼岸より、淡き眠りの人々へ。
大人の童話です。  一話あたりが短めになっています。  ※ ※ ※ 『夢日記』をつけ始めました。  枕元に、ノートとボールペンを置き、目覚める度に 夢の内容、情景、セリフなど、とりとめもなく...
『夢日記』をつけ始めました。  枕元に、ノートとボールペンを置き、目覚める度に 夢の内容、情景、セリフなど、とりとめもなく 書いています。  思いついた時に読み返し、…
天はみなに等しく才を分け与える 例え凡才であったとしても それこそが天賦の才である 凡庸キョクゲン、ここに起つ
主人公の新田 和也(にった かずや)はある日の放課後、「ハイド」と称する瓜二つの謎の存在と遭遇する。  彼は交渉をするために現れたと言うが、その交渉はあまりにも和也にしか利点が見つからないモノであった...
____この都市は昔から良くないものが溜まりやすいんです。 ゴールデンウィーク最終日。課題を学校に忘れたことに気づき取りに行った主人公の幸は奇しくも学校に閉じ込められることとなる…
怪談、奇妙な話、四方山話…… 虚実取り交ぜてお送り致します。
日本で平凡に暮らしていた私は輪廻転生により生まれ変わり、 再び日本人として生を受けた……と思ったらここは、日本と似て非なる別世界だった。 妖術というものが存在し、人外が通りを闊歩し、命があっけなく散...
古びた彼岸より、淡き眠りの人々へ。 静かでちいさい怪異が細々と繰り返されます。 ごく短い30の掌編を並べてございますので、お口に合うものがあれば幸いに思います。
霊能力者、中原純也はある日奇妙な依頼を受け、異世界に転移してしまう。 転移した世界は、『霊』の存在が認識されていない世界。 除霊も浄霊もない世界で、最強霊能力者中原純也は、女剣士…
主人公高橋雄大40歳がある日突然少年の姿で日本の縄文時代に似た地に転生する。縄文集落では秘匿された神として集落の一族を見守る。見たことのある山並み、そして数々の歴史と一致する物や出来事。歴史を変えない...
大刀洗雪は寄宿舎のある、月峰女学院へと入学した。 そこで雪はまだらで灰色の髪を持つ少女、進藤奏多と出会う。不思議な魅力を放つ奏多もまた、寄宿生だった。
僕は、散文を専攻する大学生の栗三英樹(くりみ えいじ)。 ある朝目覚めると、同級生の依留美(いるみ)からプレゼントされた日本人形が突然動き出した。 僕は彼女――その人形に、…
他人に興味を持つことができない、黒瀬風介はある日、触れられないクラスメイト一色ほのかに自転車で轢かれそうになる。 風介はその触れられない体質に興味を抱くが、その体質は、死んだ父親が妹を三重人格にした...
――化け物と聞いて、#其方__そなた__#は何を思い浮かべる?―― 鬼、天狗、人魚、河童。年経た器物は手足を生やし、百鬼夜行が道を行く。しゃれこうべは唄い、狐は人に化け、見上げた先には天突く高さの入道...
掲載: アルファポリス 作者: 御影
更新: 2019/03/04 最終更新日 2019.03.04
書生だった叔父の和樹が行方不明になって三年。和樹への初恋をこじらせていた美咲は、和樹の残した一冊の冊子を手にする。そこには四編からなる奇妙な覚え書きが記されていた。美咲は覚え書きが示す和樹失踪の謎に気...