このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
貧乏探偵の大木林が偶然出会った女の弟は不可解な死を遂げていた。彼は真相を探るべく芸術クラブに入会するが、そこでは様々な恐ろしい仕掛けが施されていた
舞台芸術を普及啓発することの意味、 普及啓発という思想の誤りについて言及します。
自殺の名所に来た私は、そこで奇怪な果実を見つけてしまう
曽根崎警察に一人の男が訪れた。男は或る絵を盗まれたと言った。それはゴッホの向日葵の絵だと男は言う。しかし、その絵は存在しない絵だった。そう、通称「芦屋の向日葵」、ゴッホが生涯二番…
一度、小説家になろうで投稿した作品です。 場所は中世のヨーロッパ、見目麗しき姫君がいた。 王様とお妃様は、姫君の美しさを、留めておこうと、国一番の画家に肖像画を依頼することにした。 そこ...
「波間の真珠」と呼ばれるオアシスに作られた美の砦、美術工芸院。そこは周りを砂漠によって囲まれ、他国の干渉を受けることなく自由な芸術が花開いていた。しかし砂漠を取り囲む3つの国の均衡は崩れ、美の砦にも暗...
十六世紀のアントウェルペン。 貧しい絵描きの父を亡くした少女マリア。 葬儀の日に出会った少年ペーテルに心を揺さぶられ、 画家になる希望を強めていく。 しかし、家族のために犠牲を強いられてきた姉のマ...
ミクニは修行中の占い師。十六歳になり、師匠の元を離れて単身での修行に励んでいる。芸術の街アルティアを活動拠点と決め、そこで占い業を始める。しかし、その街では占い師の信用が失墜して…
「自分らしさという言葉が私は嫌いです」国語の自習プリントにそう書き残してイギリスへ旅立った狭霧。  クラスメイトの僕は最後に金工室で彼女の苦しみを聴いた。蛇の牙が食い込む痛みとしてその苦しみを知った。...
「自分らしさという言葉が私は嫌いです」国語の自習プリントにそう書き残してイギリスへ旅立った狭霧。  クラスメイトの僕は最後に金工室で彼女の”毒”に耳を澄ませ、そして蛇の牙が食い込…
僕の通う普通の何の特色もない県立高校に天才が入学してきたのは、一年前の春のことだった―― 芸術の天才である特別な少女と、天才に憧れる少年。 特別すぎて誰も近付けない孤高の少女は…
掲載: カクヨム 作者: 御厨みくり
更新: 2020/01/09 3話
戦前の神戸。丘の上の元医院で開業する探偵社へやって来た少女は大きな籠を抱えていた。依頼人の第一声は「このコを預かってほしいんです」……
「呪いの絵画」が飾ってあると評判の美術館を訪れた、或る女の物語。▼ 以前、カクヨムのほうに投稿したものと同じ内容になります。
突然奇怪な老人が現れ、とあるドリンクを手渡された俺。そのドリンクには「願いをひとつ叶える」効果があった――。
掲載: カクヨム 作者: SHOJI
更新: 2020/01/06 1話
天満の画材屋で見つけた青い点描で描かれた向日葵の絵。それを手にした瀬戸群の元に美しい娘が訪れる。娘の名は小川静子。静子は亡くなった兄の向日葵の絵を取り返す為に、群とある約束を取り交わす。静子には兄の絵...
1970年代、英国。ラジオで、とある芸術家の死が報じられた。その芸術家の名は、アレクサンダー・リー──生前、彼には大きな野望があった……。人の心が読める日本人──桂国彦を巻き込ん…
僕と五人の少女は名前のついていない町の屋敷で生活をしている。 詩人のフェリシア。音楽家のヘンリーッカ。舞踏家のスズネ。画家のムニラ。小説家の僕。 そして、何者でもないベルティーユ…
【2019.12.24 追加】 巻末の「後編 あの夏限りのヌードモデル Omitted scene」は文字通り本編執筆時に省略したスケッチ場面を追加で執筆したものです。 ***…
〈ヌード〉をテーマに書いた短編を一枠にまとめて投稿しています。 ★新作「ストレリチア・ブルーム」2019.12.15より連載開始 それに伴い、本短篇集を「あの日のヌードモデルと 〜短編連作」に改題しま...
わたしはやっぱり先生のことが好きなのだろう。 年が明けて間もない寒い冬の日、とある繁華街の小さな画廊でわたしは先生と出会う。 先生がわたしを見てギョッとした理由はすぐ分かった。 …
――殺人現場には犯人が描いたと思われる絵が毎回残されていた ーーーーーーーーーーーーーーーー 高校三年の志木は弟の誘拐事件以降、精神的ショックから大好きな絵が描けなく…
諳弥(そらや)は子どもの頃から奇妙なものを目にしたり、別の世界に迷いこんでしまうたちだった。それを知っていた祖父は、十五歳の時に亡くなった。 大学生になった彼女は祖父の遺言通り、風変わりなアパートで暮...
或る一枚の絵画と、二人の男のショートショート。
現実は厳しく、才能は残酷だ。それでも、支えることはできる。 どこかで繋がっていると感じられるから。