このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
金曜日の放課後には、 『公開告白』が体育館裏で 5年と3ヶ月の間ずっと 行われてる。 見れば 今日も君 は告白されていた。そんな君と待ち合わせてはいないけど、二人並んで 体育館の階段を昇る 僕の気持...
一度、小説家になろうで投稿した作品です。 場所は中世のヨーロッパ、見目麗しき姫君がいた。 王様とお妃様は、姫君の美しさを、留めておこうと、国一番の画家に肖像画を依頼することにした。 そこ...
曽根崎警察に一人の男が訪れた。男は或る絵を盗まれたと言った。それはゴッホの向日葵の絵だと男は言う。しかし、その絵は存在しない絵だった。そう、通称「芦屋の向日葵」、ゴッホが生涯二番…
カクヨムで一番の詩人になりたい。 たった一行でもなんか良いと思わせたい。
芸術専門高校1年の朝霧藍を中心に絵を描いたり絵を描いたり絵を描いたりする話です。
「ライトノベル読んで何の役に立つの?」と聞かれたときの、もっともクールな回答 →短いから読んだ方が早い。
1970年代、英国。ラジオで、とある芸術家の死が報じられた。その芸術家の名はアレクサンダー・リー。生前、彼には大きな野望があったのだが……。人の心が読めるという奇妙な日本人──国…
詩集です。コンセプトは「彷徨う」。  white=「白」、naut=「~の中を航行する人」。白い画面の中を旅して彷徨うような気分になれる、近未来的感覚の詩集。  詩画集としても、その内公開予定ですが、...
本編 「公開告白される君と3日間の旅」 の鍵つき シークレットエッセイです。 短編執筆のBGMについての エッセイ。 ファン登録をして、 鍵のワードは、 本編作品の中に埋めてます。 アルファベット大...
牧師のつぶやき。 島の教会に、1人の旅人が やって来た。彼は、隣の島の教会も、みて興味を持ったと言う。 その興味は、わからないが 彼は 『懐かしい、秘密の場所』を教えて欲しいと言う。その場所は、...
更新: 2020/07/27 1ページ
アーバスノット家に非嫡出子として生まれたスペンサーは、とある特性を持っていた。 それ故に彼は過ちを犯し、自分を騙し生きてきた。 今日も彼は孤独を自らへの罪とし、罰しようと試みる。…
奇妙な「異界美術館」にて、学芸員である椎田花と岩光海が不可思議な作品の謎に迫るミステリー。
『二〇〇七年、夏――わたし一名、行方不明』 ただのA子が失った感情を求め彷徨う原初で最小のセカイ系 暗黒な過去を抱える『良き傍観者』が常識にさよならする物語 人生という物語を…
瀬川伊月と佐々谷春彦。二人の共通点は、芸術の道を歩く者であること。作品と商品と、学生と半社会人と、デザインとファイン。そんな僕たちのこと。
掲載: カクヨム 作者: あずまなづ
更新: 2020/07/16 11話
ガスト・アトリエシリーズ×まんがタイムきらら。 妄評はやめてくださいー。 コピペのズレに注意。 →環奈(かんな)美玖(みく)麻友(まゆ)なぎさ(渚沙) →フェルト(英語)理沙(…
大学を卒業してから二年後、僕達サークル仲間は学校の講堂前に集まった。  何人かが欠員したが、彼女も姿をみせない内の一人だった。  彼女が今日ここに来ないことを僕は知っていた。…
スランプに陥っていた芸大生が出会った、遥か昔の彫刻作品。 彼がそこから得たものとは。 ※実在の彫刻作品がテーマとなっています。 https://www.tnm.jp/modu…
学生時代のボランティアで出逢った天才ピアニストの仲野沙耶。五年後、いくつもの偶然が重なって彼女と再会し、どういうわけか俺は絵を買うことになる。 絵描きを目指す沙耶と過ごしている…
カクヨムの自主企画でイベントで「大人の童話」と題した企画を見たが既に締め切りが三日と迫っていて間に合わなかった。もう三十年以上もの昔、二十歳代、コンピューターも無い時に書いた原稿…
(1) 芸術には絶対的な価値があるというが、本当にそう言い切れるだろうか? (2) 芸術にふれると心が豊かになるというが、本当にそう言い切れるだろうか?
5年前に恋人の栞を失った司は、その喪失感から抜け出せないでいた。時折現れる栞の幻に、問いかける日々を送っていた。  司の職場の博物館で資料の窃盗事件が立て続けに2件起きる。1件…
貧乏探偵の大木林が偶然出会った女の弟は不可解な死を遂げていた。彼は真相を探るべく芸術クラブに入会するが、そこでは様々な恐ろしい仕掛けが施されていた
更新: 2020/06/17 完結 431 ページ 108,549 字
「もしかして覚えてないの? 自分が死んだこと」  気がついたら見知らぬ美女――女神の御前に寝そべっていた主人公・篠宮積(しのみやせき)。  女神は言った。別の星に転生し、女神の宗教画を描いて信仰を広...