このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
普段通り高校生活を送っていた無表情の女子中学生。クラスで授業をうけていると急に教室が爆発。主人公は命を落した。目覚めると洞窟の中。そして自分の姿が狐になっていた。これは狐になった主人公が必死に生きる為...
バスに乗っていた青年は突然女王蟻へと転生してしまう。しかし魔物が跋扈するこの世界では、自分自身の戦闘能力は最弱クラスだった! 頼れるのはあまり強くない働き蟻と前世で培った知識だけ。 作物を収穫したり、...
他二作、書籍化して発売中です! そして今作も書籍化決定しました!ドラゴンノベルス様で2019/10/5に刊行予定です! ありがとうございます! ―― ある日、一人の男の子が死んだ。 その子は重い病を...
此処は何処? 私は誰? 何だか知らんが俺はガイコツになっていた。 ある切っ掛けから崖下に落ちた俺だったが、長年放置されていたお陰で、本人も気が付ないうちに最強になっていたらしい? もちろん本人も最強...
クラスにいきなり乱入してきた殺人鬼にみんな殺されて主人公は転生した! 自分だけ転生したかと思っていたら、クラスのみんなも転生していた! 主人公は目指せ人間を掲げてみんなと最弱種から下克上!
目を覚ますと、石造りの通路で蜥蜴になっていた。目の前に現れるステータスによって、ここが異世界であることを理解する。 取り敢えずレベルがあるならあげれば強くなるかな? 【レベル上限に達しました】 は!?...
TOブックス様より書籍化します。 目が覚めると森だった。自分はどうやらゴーストになったらしい。死ぬ前の記憶(というか知識)はあるようだ。そこからシュウ・アークライトの物語は始まった。 吸命の力で魔力を...
普通に学校に通い、普通な生活を過ごしていた飯野大和。ある日学校を歩いていると、野球ボールで滑り、そこで気を失ってしまう。気が付くとそこは暗い洞窟だった。そこで頭に鳴り響く女性の声。どうやら某教育番組の...
日本一の花火師の息子として生まれた翔は、父の背中を追って更なる高み、世界一の花火師になる事を決意する。 だが、初の晴れ舞台で花火の暴発事故に巻き込まれて死んでしまう。 そして、父親のファンだと言う神様...
交通事故で異世界転生するというベタ中のベタな展開で始まった主人公・御空遥人の物語。 「ベタな展開で悪かったな」 異世界ではハルト・ミソラと反対にしただけの安直な名前を名乗る。 (イラッ) たまーに謎の...
ふと気づくとそこは洞窟だった・・・蛇だらけの、しかもなんかよく分からない内に敵対したでっかい蛇も入ってきて洞窟から逃げ出したは良いけど、敵強すぎ!俺が弱いんじゃない、敵が強すぎるんだ、と思いつつ木苺を...
目を覚ますと、石造りの通路で蜥蜴になっていた。目の前に現れるステータスによって、ここが異世界であることを理解する。 取り敢えずレベルがあるならあげれば強くなるかな? 【レベル上限に達しました】 は!?...
悔恨のアビスが良い区切りになったら投稿を始めますので 作品タイトルの予約です( ´ ▽ ` )ノ 大体のあらすじは 20xx年 VRMMORPGが流行っている時代。 一番有名なゲームで最強のギル...
イノシシに転生した主人公。 なんかいつのまにかもらってたスキルを使い生き残る物語。 その道に遮るもの無し! ………もし評価が100行ったら改稿版投稿するかも。
狼に転生した地球人(記憶喪失)が時にはのんびりと森の中で日向ぼっこしたり、暴れまくったり、進化したり、人間達と関わってみたり、するそんな狼の放浪記。
橋本礼治【はしもとれいじ】。38歳。 どんなお偉いさんにだろうと、他人に生き方や信念を口出されるのが嫌で若くして独立。情に熱く、酒と女の涙にはめっきり弱い。 そんな昭和男のような熱いやつが、酔っぱら...
あらすじ! なぜか目覚めたらキュートかつプリチー(死語)なドラゴンになっていた。 頭の中には何かの声が響く。 愛らしい幼竜になっていたボクはそれを神様の声だと決めつけ、行動を開始することにした。...
平和で穏やかな毎日を幼馴染みと過ごしていた"ぼく"は、ある日幼馴染みを助けて死んでしまった。後悔はしてない、うん全く。で、転生した先は蒼い花(魔物)。ちょ、はっ、何で?\\\主人公が魔物になりながらも...