このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
人間が八国に分かれて暮らす世界、『異界』がすぐそばにあった。 「人間よ、そなたたちは変わらぬな……」 『異界』をさまよい、失われた王国『ウィッチェ』の誓いを胸に、死神(オルクス)は、そうつぶやいて鎌を...
「あんたが死ぬと、俺たちの仕事が猛烈に増えすぎて事後処理が邪魔くさいんや!」 そんな不真面目な仕事っぷりを予感させる文句によって、朱夏の自殺を止めたのは、金髪長髪のヤンキー系死神だった――。 「俺が...
ハーメルンのカスミトアケボノの再編です 再編しすぎてほぼ別物です
不慮の事故で両親を亡くした鈴村春也(すずむらはるや)は、高校生にして一人暮らしをしていた。両親が残したアパートのおかげで日常生活に支障なく暮らせていた。ところがある夜、どこからともなく現れた無人トラッ...
売れない小説家の俺の前にある日突然現れたのは、自称死神の黒髪和服幼女(?)・橘(たちばな)だった。彼女(彼?)は俺に、ある要求を突きつける。 「儂はただ、汝の作る食(じき)を食…
横浜市青葉区に住む高校2年生の黒崎零はその人生に度重なる不幸を受けながらも彼らしく生きていた。ある日の朝、不幸を予告するメールが彼の携帯電話に届き、予告どおり彼はその不幸に遭遇する。そのなかで死んだ筈...
殺意をもって直接触れた者の命を奪うことができるという能力を持つ死神の少女、莎夜の前に吸血鬼の少年、蒐が現れる。復讐のため莎夜を殺して能力を奪うはずだった蒐に莎夜はある取引を持ちかけ──。 死神少女×...
掲載: アルファポリス 作者: 珱芭
更新: 12時間前 文字数 5,546
あの日の月はきれいだった。 病院の一室で死期を悟っていた主人公の目の前に死神が現れ「死ぬのが怖いか」と問われる。 YESと答えた主人公は死神によって眷属神にされ新たなる死神として『闇魔法』を使って異世...
感情を取り戻すため 少年、死神になる。
更新: 12時間前 文字数 6,951
死神の手下の手違いで死んでしまった藤堂あきら。彼女との結婚も決まり希望の職種にも就職出来た矢先の出来事。 一体どうする?
更新: 16時間前 連載中 37 ページ 80,318 字
【全三話】 これは、とある離島の漁村で行われていた因習にまつわるお話し。 私は一度、養子に出されそうになった事が有るの。 と言ってもそれは建前の話よ。 実際にその家の娘に成ると言う事では無いわ……。...
12歳の誕生日、花咲ことはに1通の封筒が届く。 封筒の中に入っていたのは、白紙の便せん1枚と1つの古びたカギ。 それは3年前に突然いなくなったママからだった。 ことはは、これがな…
「あなただけは、わたしをとつぜん置いていったりしないでね」  幼馴染みと交わしたその約束は、僕の急な引越しにより破られた。  あれから、七年。  僕、真白 雪兎(ましろ ゆきと)は、家庭の事情で昔...
「あなただけは、わたしをとつぜん置いていったりしないでね」  幼馴染みと交わしたその約束は、僕の急な引越しにより破られた。  あれから、七年。  僕、真白 雪兎(ましろ ゆきと)は、家庭の事情で昔...
きれいな花のみ咲かせる傲慢な死神vs最高ランクの種を宿す捻くれた人間  生物は皆、生まれながらに体内に種を宿す。日々の生活の中で種は成長し、最期には十人十色の花を咲かす。だが、未練や後悔といった...
「あなただけは、わたしをとつぜん置いていったりしないでね」  幼馴染みと交わしたその約束は、僕の急な引越しにより破られた。  あれから、七年。  僕、真白 雪兎(ましろ ゆき…
「あなただけは、わたしをとつぜん置いていったりしないでね」 幼馴染みと交わしたその約束は、僕の急な引越しにより破られた。 あれから、七年。 僕、真白 雪兎(ましろ ゆきと)は、家庭の事情で昔住んでいた...
この世とあの世の狭間、川沿いで喫茶店を営む青年――シン。しかし、これは本当の名前ではない。生前の記憶を無くした彼は、自分の名前までをも忘れてしまっていた。名前が無ければ、あの世へ渡ることは出来ないとい...
美しく大きな満月の晩に、ローゼは不思議な少年に出会った。月の使者だと名乗る少年は、死ぬ運命にあったローゼに命を与えた。 それから一年後。祖母の臨終に立ち会ったローゼは少年と再会するが「君にもう会わない...
『君を迎えに来たんだ。』その声に後ろを向くと、不気味に笑うドクロの少年がいた。_______________これは、ある死にたがり少女と死神少年のお話。ーーーー...
更新: 2021/07/31 更新:2021/7/31 9:02
高校1年生の尾上奏多は、幼馴染で親友、そして初恋の人である有森千聖から「彼氏できた」という報告を受ける。 悲しみに暮れる奏多はある日、千聖の絶対に見てはいけない秘密を覗き見し、気が動転。そのまま事故に...
雪の街。ホワイト・シティのノブレス・オブリージュ美術館の一枚の絵画から一人の男が産まれた。 その男は昼間は大学生。夜は死神であった。そんな男に天使と名乗る男が現れ人類はもうすぐ…
【第一部完結‼︎】  見た目は可憐な美少女、だが立派な「モノ」がついてるキサラギ・ヒロ少年(15歳)は、弱きを助け強きを挫く——おとぎ話のような「英雄」に憧れていた。英雄への手始…
死神――死が間近に迫った人の前に現れ、大鎌で魂を刈り取る神のこと。或いはかつて自殺した人間。 死神達は自らを殺めた罪を償うため、死んだ人間の魂を集めるという汚れ仕事を押しつけられ…
聖人との戦争の中で闇の力を封じられた魔人に、闇の力を扱うことの出来るアマデウスが誕生する。 魔王の子であるアマデウスは、城で戦闘の訓練に交じるとその才能を開花させていく。 やがて…
平凡な生活を送っていた主人公。そんな彼の前に現れたのは、死神と名乗る一人の少女。彼女はいったい何者なのか?そして、どういったわけか同居生活を始めることになってしまう二人。果たして主人公はこの先どうなっ...
死神見習いのゾーイは、一人前になるためにとある男の魂を刈り取ることを命じられる。そして訪れた人間界ではゾーイの標的・那由多が予定外の死を迎えようとしていた。自分以外に取られてたまるかと那由多をいったん...
どこからが現実で、どこまでが夢なのだろう。 迎えの足音が響いてくる・・・ ※この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。
どこからが現実で、どこまでが夢なのだろう 「過去も現在も未来も、全ては儚き蝶の夢、 夢から覚めた先は何処へ繋がっているのでしょう」 迎えの足音が近づいてくる