このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
現代風な作品に仕上げたい気持ちはありますが、少し古い感じの作品に仕上がるのではないかと思います。ツイキャスのミュージックチャンネルを久々に聴きながら、サクッと仕上げてみました。
更新: 2020/01/28 文字数 4,727
就実高校→就実大学を卒業した侑子たちの社会人としての一歩を踏み出します。
母は、高校三年の未咲を一人遺して逝ってしまった。ひとつの謎を明らかにしないまま。 自らの進路に思い悩みながら、未来を切り開こうと邁進する未咲。 リアルな悩みに迷う中、ふたつの再会…
少子化が進んだちょっと未来の日本。子どもが減った為、中学校は一学年に一クラスだけとなった。一方高等学校は、人が集まらず人気のない学校は廃校となり潰れたり、合併して何とか生き残ったりしていた。よって高校...
未成年なんだ…だからまだ完全ではない。未完成。大人の支えがないと生きていけない小さくてもろいもの。でも、未成年にだって主張はある。それを伝えたい。
更新: 2020/01/19 更新:2020/1/19 22:05
全ての始まりは一通の手紙からだった。 いつもと変わらないある日の放課後。 音楽活動に夢中な桜庭 詩織(高二)は、自分の机の中に差出人不明の手紙を発見する。 それは詩織ではない他の誰かに宛てたものだっ...
工業高校建築科から木こりを経て現在船乗りになるまでの実話です
清風館高校二年生の五十嵐翔太。クラスメイトからツイッターで話題になっているオペラ座の怪人を探さないかと持ち掛けられ―― 同じ頃、人工知能を研究する大学院生の葉山伊織もまた、このオペラ座の怪人に興味を持...
もしあなたがあの世で最初に自分自身を説明するとき、最低限何があれば成り立ちますか。これはそれを考えざるを得なかった一人の少女の物語。   私の枕元に突然、私の娘くらいの年頃の少…
ありのままの自分で…の続編です。離れて暮らすようになった2人のその後のお話です。
時は十月上旬。高校卒業までおよそ半年。 就職か進学か、主人公である秋林奏佑(あきばやしそうすけ)は未だに進路を決めていなかった。 その理由は、好きな人がいるから。 ーー卒業して…
沙織が3年生になったお話です。  登場人物  沙織 店長 紅茶を沸かすスキルに長けている  遙 親友兼店員 沙織を支えてくれた人   真琴 従業員 四月から店長と同じ学校に通う  麻衣 従業員 遙と同...
更新: 2019/11/12 全26部分
【こんな方に読んでほしいです】 ◎将来、文系の研究者になりたい人。 ◎文系の大学院生が、普段どんなことをしているのか知りたい人。 【筆者はこんな人】 ◎文系の大学院生。優秀でも…
高校二年にして、すでにわたしの進路は決めていた。 特技の編み物を活かして、生活していこうと思っていた。 だけど…どこか納得いかない自分がいる。 本当に特技を活かして生きていくのが、わたしの人生な...
大学三年、お互い就活も無事に終わった俺と彼女。問題は、俺は海外で彼女は国内という点だ。  本音を確かめ合う為に選んだのは、のどかな港だった。そこは、子供の頃の俺が良く釣りにきた…
更新: 2019/11/02 3話
炭酸の学校の進路希望調査を出していない主人公 自分はどんな炭酸になりたいかを考えることに。 でも、自分に向いている炭酸路線tってなんなの? ↓前回の投稿↓ 『カクヨムロイヤ…
休日のある日、ふと普通列車だけを乗り継いで実家に帰ることを思い立った「私」。 そんな突然の電車旅で出会う人生模様は、私が通ってきた路を優しく追憶する。 旅の最後、父の元へ帰った私…
どうも!#ミアではなくアキです!今回は私が話すだけのようなものですつまり、夢主さんはでません!私ことアキはですね、受験をいろいろ乗り越えてきた大学生なんですよそ...
掲載: 占いツクール 作者: #ミア
更新: 2019/10/15 更新:2019/10/15 23:05
貴方の生き方の視点に新たな価値観と考えるきっかけを与えられたら本望です。 ※本作品は、頭が悪いが最終学歴が高校卒業(通信制含む)視点に置いて、比較対象に賢いが最終学歴が中学卒業…
【第83回フリーワンライ】 人生プラン ボタン *ワンライ用
おじいちゃんの喫茶店を手伝っている川瀬麻奈美。 ある日やってきた男性客はなぜか麻奈美を知っていて、 けれど誰も彼のことは麻奈美に教えようとしない。 「僕が一体何者なのか……素性を知らないって...
陸は、葉月が一人で帰り道を歩いている時にいつも自転車で後ろから現れる。あまり喋ることが得意じゃない陸と葉月は、沈黙と共に帰り道を歩く。 ある日、陸の進路の話になってお互いにお互い…
高2の初夏のある日のこと。 昼休みに、学校の屋上で転た寝してしまった。 目覚めたときには、時すでに遅し。校内へ戻る唯一のドアは施錠されていた。 放課後、3時までは開かずの扉だ。 「ウソ、開かないの?...
進路に迷う僕の背中を押してくれたのは、叔父さんが見せてくれた光だった。 ※匿名短編コンテスト(https://kakuyomu.jp/works/117735405488957…
『進路』 できれば考えたくないものです。 でも必ず考えなきゃいけない時がやってきます。 その時、あなたは正しい選択ができますか?
掲載: ノベマ! 作者: 柚原 冬莉
更新: 2019/07/19 2019/07/19 18:35更新
「あの月が丸くなるまで、俺の彼女でいて」  あいつのその言葉が気に入ったから、  一ヶ月だけ、彼女になることにした。  それで、終わるはずだった。  高校三年生の、美希と上坂...
掲載: ノベマ! 作者: いずみ
更新: 2019/07/08 2019/07/08 15:20更新