このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
ある日突然、何年も音信不通だった兄が、自分の子供を連れて僕のアパートに現れて、 「悪い、こいつをしばらく預かってくれ」 と言って子供を置いていった。 嫌も応もなく僕はその女の子、沙奈子を育てるこ...
暖かい。其の人の胸の中はひどく心地よくて、温かくて…ついつい微睡んでしまう。私の頭を撫でながら、『大丈夫、眠っていいんだよ。』と、優しく声を掛けてくれる。こんな...
掲載: 占いツクール 作者: flos84313
更新: 6時間前 更新:2020/2/17 2:36
別に、多くを望んだわけじゃないの。 お金も、 容貌も、 程々で良かったの。 皆で幸せになれるのなら、 多くのものなんて要らなかったんだよ。
数年前に突然、難病発症し 歩行障害者になりました。 難病患者・歩行障害者の視点で文章を書き綴っています。 綺麗事ではなく、障害者が社会から受けている現実です。
理工系の版元「あんぺあ出版」に勤める松山空(まつやま・そら)は34歳。営業の仕事に対してそれなりのやりがいを感じているが何となく毎日を物足りなく思っていた。そんな彼はある日階段か…
コミカライズ連載中!(ニコニコ漫画・水曜日のシリウス内) ブラック企業で過労死した佐藤亮太は異世界に転移して、レベルが1に固定される不遇を背負わされてしまう。 レベルは上がらない一方で、モンスターか...
高校卒業を間近に控えた川上文月。祖父が亡くなってからひとりで暮らしていた彼に、ある日手紙が届く。 それは10年前にどこかへ消えてしまった母、川上愛月からの手紙で。 「あなたの妹をそちらへ送る」という旨...
高校卒業を間近に控えた川上文月。祖父が亡くなってからひとりで暮らしていた彼に、ある日手紙が届く。 それは10年前にどこかへ消えてしまった母、川上愛月からの手紙で。 「あなたの妹をそちらへ送る」とい...
高校卒業を間近に控えた川上文月。祖父が亡くなってからひとりで暮らしていた彼に、ある日手紙が届く。 それは10年前にどこかへ消えてしまった母、川上愛月からの手紙で。 「あなたの妹を…
・(center:大好きな君へ、幸せを贈ります。)_________________________________________________(cente...
更新: 2020/02/16 更新:2020/2/16 8:48
時は20XX年。この日本のどこかに。 かつて同じ中学の友人で、かつて同じ高校の友人で、かつて遠距離の恋人同士だった、とある2人の夫婦がいた。 その夫婦は夫婦のくせに、いつまでも奥手で照れ屋で鈍感で...
六歳の息子と二歳の娘に振り回される日常。 仕事と家事と育児に終われ、健康グッズや健康サプリが気になる日々。 しょうもないエピソードを綴ってます。 焦って怒って振り回されて。…
世界は不平等で利己主義の病魔が人の心を蝕み続けている。交わす言葉、表情、感じる心や感覚、大切なことを忘れてしまっているような気がしませんか。その「心の豊かさ」とはどこに求めれば…
仕事からの帰り道、怪我をした野良猫を道ばたで見つけた私は、助けなければと自身の住むアパートへと連れてかえり手当てをした。 すると翌朝、寝ている私の頬の辺りでなにやら違和感が。その原因を寝惚け眼で確認...
天気のいい休日 男は妻と娘を連れて動物園にやってきた そこには幸せそうな人々が大勢いる 自分たち家族も、傍から見ればきっとそうだろう だが、男の心のうちは沈鬱な雲に覆われていた …
童話のような言葉から、メッセージ性の強い言葉まで、 感じたこと、思ったこと、それを詩にして更新していきます。 (「カクヨム」「LINEノベル」でも公開)
女性の幸せって何だろう? 結婚?妊娠?出産? 私にはわからない。 でも、あなたの隣にいれたら幸せ、かな?
人生について考えた時に浮かんできた詩や、悩みで溢れていた時期を描いた詩です。
ある雪国にポスタと言う少年とワンスと言う1匹の犬、そしてその家庭を支えるメティファと言う母親が暮らしていました。 若くしてこの世を去った父親・・・メティファは必死になって家族を支…
あらすじ ある雪国にポスタと言う少年とワンスと言う1匹の犬、そしてその家庭を支えるメティファと言う母親が暮らしていました。 若くしてこの世を去った父親・・・メティファは必死になって家族を支えていた。...
幼くして両親を亡くして、妹だけが唯一の家族となり、過去のあらゆる出来事から、人間に対して、不信感を抱き、絶望をし、人と関わる事に対して興味を示さなくなった主人公平崎斗真(ひらさき とうま)は現在24歳...