このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
高校卒業時に付き合っていた彼と別れて一年。 あの日、あの時君に告白した場所で、わたしはもう一度電話をかける。
掲載: カクヨム 作者: 夏野レイジ
更新: 2021/03/15 1話
あるぇー(・3・) また時間ぎりぎりだよぉ? とりあえず削る(/ω\*)
更新: 2021/03/15 1話
世界の変容の原因に、直観的にたどり着いた賢者アウル。 原因と対峙するアウルは決断を下す。
結婚相談所勤続何十年のベテラン、猪瀬薫。日々悩みながら仕事に真摯に取り組む彼女の、とある日常。
フォビドゥン・フルート――通称、FF。 機械に直観をもたらすという発想は、はたして成功するのか。
掲載: カクヨム 作者: 真摯夜紳士
更新: 2021/03/15 1話
直観探偵ソクラテスは、今日も犯人を決めつけます。助手のプラトンは、すべてを知っています。
いろいろな幸運が重なった結果、ちょっとした資産家になってしまった男が、異世界転生をする。 公爵家の次男として生まれ変わった彼は、前世の経験のせいか直観で金目当て、地位目当ての人物…
自分の引き出しにあるおはなしから一部を取り出したものです。 お題が直観なのか直感なのかわからなかったので、両方使うことにしました。 主人公の小学4年生「はじめ」は「直感」を。 …
山で迷った友人が選ぶ選択とは…?
更新: 2021/03/15 1話
KAC2021 ~カクヨム・アニバーサリー・チャンピオンシップ 2021~ 題材『直感』への応募作品です せっかくなので参加してみました。 良ければ⭐︎を頂けると嬉しいです。 …
生まれつき身体が弱く、日々を何とか過ごしていた「私」。 ある日見知らぬ衝動に動かされ、勢いのまま梅を見に行くのだが……。
掲載: カクヨム 作者: 香月読
更新: 2021/03/14 1話
遠距離恋愛をしている二人。空港で次の再会を約束して別れるはずだった。だが、彼女の口からは思わぬ言葉が出る。
幼馴染みが勇者になりました――。それは良いとして、何故か仲間に加えられた魔法使い(見習い)は、爆速で道すがら問題を解決していく彼の背中に思う。(私……必要?)しかし、旅の終わりを…
王属特務調査員、それは国を治める王に代わり各地を巡り様々な情報を集める存在。  彼らは王の目となり、耳となり、口となり、手足となって方々を密かに巡察する。  これは、その中…
ある決意の下に、高校の理科室に入った男子生徒の前に、 一人の女子生徒が立ち塞がった。
数学が好きな俺、タカシは、ある日の学校帰り、トラックに轢かれ――異世界に飛ばされた。 そこで出会ったのは、俺と同じく、数学に詳しい少女。 しかし、会話していると何かが食い違う…
浮気を疑う妻と疑われる夫の話。
中学生の涼介は、同級生の青葉に、妹の誕生日プレゼントを選ぶのを手伝ってほしいと頼み込む。 涼介の妹、咲は、二カ月前親の再婚で家族になったばかりの子だった。
大正時代に生きる、花も恥らう乙女(腐女子)が、「なんとなく」な直感力で「( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ」を見つけるお話。 頭を空っぽにして書いています。 リハビリ。 …
侯爵令嬢ラーリアは、結婚式の日に愛する人を目の前で喪った。 彼に会いたい一心で自ら命を絶った彼女を引き留めたのは、死神だった。 死神は、ラーリアにゲームを持ち掛ける。 やり直した…
空を舞う戦闘機。その訓練を行っている。 でも彼は未だに雲への恐怖心を覚えてしまった。 空はそのうちカラスで覆い隠されていく。 人間は必要ないのだろうか? 《注意事項》  本作は…
直観をテーマにしたイベント用に作成。個人的に、ちょっと長めのcmみたいなイメージで執筆。地の文は冒頭と最後しかありません。男子高生が二人しか居ない教室で会話をするだけの話です。
人の運命を変えるという特殊な力を持った青年レイと、幽霊として此岸に留まり続けている双子の兄ユウの日常的で不思議な話。 第三話は双子の直観。 【KAC20213】「直観」 ※KA…
懐かしい街並み 声をかけてきた彼女 一緒に入ったカフェで 僕は未来を手にいれた
掲載: カクヨム 作者: 花岡 柊
更新: 2021/03/13 1話
この世界とよく似た世界のとある島。 戦乱の中に身を置く青年、神木蒼真は負傷し落命するも、奇妙な場所で目を覚ます。 妙に確信めいた直観に導かれ、蒼真が辿り着いた先は木々の生い茂る…
日野は胸騒ぎを覚えた。 なにか悪い予感がする。
小学3年生の時に僕を捨てて、家を出て行った母が死んだ。10年ぶりに見た母は棺桶の中だった。