このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
様々なジャンルの短編を書き散らしております。 よろしければちょっと一休みにご覧になってくださいな。 どれも短く読みやすさを追求しております。 ご意見ご感想などもお待ち申し上げておりますので、 どうぞど...
今でも愛しています貴女に届いて欲しい。
僕には幽霊が取り憑いている。 小学五年生のコウ君にいつもくっついているのはユーレイのユウ君、彼はいったい何者なんだろう?
女の魔術。その秘密と正体。憧れが裏切られたとき。
脆弱な高潔さを守るために自殺を選んだ高崎へ。
正道の恋を知らずにいた長谷神綾那は妊娠をきっかけに、愛していなかった小学校教諭の長谷神秀之介と結婚した。 やがて息子の幸雅が成長し、手がかからなくなってきた頃、魂さえも奪われてしまいそうな本物の恋へ憧...
月をねだる幼女……地上に落ちた雷の子供……ビル街で起きた不可解な死亡事故…… ジャンルも、長さもごった煮の短編集。どこか不思議な物語。 一話一〇〇〇字以内……時々超えます
近所に住んでいた奇麗なあの人は、咲いたのだろうか。散ってしまったのだろうか。
営業マンとして働いていた霧島哲也は、突如として心の病に陥った。身体がだるく上手く動かせないようになり、傷病休暇に入ってもう二カ月がたつ。 哲也は、それ以前からある問題に悩まされていた。それは、眠りの中...
加護咲夜(かごさくや)、高校一年生。 彼女には、不思議な能力があった。それは、他人の寿命が〝年数〟で見えること。彼女には大きな未練があった。それは、寿命一年である事を知りつつ見過ごしたことで、とある女...
詩集と言うものをやってみたかった。頑張ります!
全寮制の学校に通っている僕と彼女。卒業旅行で海辺の街に行こうと、僕たちは約束していた。
更新: 2020/04/21 2020年4月21日更新
Жили-были. -Непой, красавица, примне... 舞台はソビエト社会主義共和国連邦(1960年~70年代) 主人公は二人。 マリーヤは子供を連れて、行方不明の父を捜しに...
小説家は恋人の死を美と見るか、絶望と見るか。 ※「小説家になろう」、「カクヨム」、「マグネット」でも掲載しています。
”町の隅っこに、古びた家があった” 町に住んでいた「僕」は、町の外れの家に遊びに行っていた。 そこに住んでいたおばあさんは大の話好きで、今日も面白い話を用意していたが―― 若干ホラーの純文学系です!...
最愛の人に愛されたいと願った少女が、苦悩の末に、自ら死を選び取る話。
「忘れてしまうから、忘れないように」 藤田雄介《ふじたゆうすけ》という男の一生とその癖を描いた物語です。 恋愛小説のつもりですが、あまり恋愛要素はありません。 全部で3話、合わせて一万字くらいの小説に...
公園には、沢山の花が咲いています。 移りゆく季節ごとに、様々な花が咲いて、散ってを繰り返していくーーー 人も出会い、別れを繰り返していく。 そんな彼ら彼女らが、今何を思っているのか気になりませんか?...
人の一生は七十八万八千四百時間。 この事実を大学二年生の自宅で知った今、尋常じゃないほど震え上がってしまった。
「兵器っていいなぁ……サバゲとか憧れるなぁ……ミリタリーショップとか入ってみたいなぁ……でも行く勇気ないし、ぼっちだしお金ないし……せや! そういう関連物を自己流の解説で書いて自己満しよ!」 これは一...
散歩に出かけた私は、近くに倒産したての廃ビルを発見する。 勇気を出して入ると、私は不自然に捨てられた封筒を見つける。 開いてみるとそれは、ある男の遺書だった―― ※暴力描写ありです! よむとき気を付け...
Twitterで開催されている「春の創作ワンライ」企画で執筆した作品をまとめました。一時間では書ききれなかったところを加筆・修正してあります。 一時間で書き上げたものと比べて間違い探ししてください ↓...
短編集です。それぞれの作品が1話完結で、続きを書くことはありませんので是非、気になったタイトルの作品だけでも手に取っていただけると幸いです。 1.【灯】思春期少女が、不思議な体験をもとに一歩成長するは...
更新: 2020/04/18 2020年4月18日更新
まだ幼い女の子は、同い年ぐらいの子を見ると、いつも怖がって泣き出してしまう。そこへ母親がやってきて、子供に理由を訊くがはっきりしない。すると、今度は父親がやってきて理由を訊いた。しかし、やはり判然とし...
一ヶ月後、隣国へと嫁ぐことが決まったお嬢さまの、「最後に故国を目に焼きつけたい」という希望で、共に別荘へ赴いたメイドのエリス。 2人きりで過ごす時間に、喜びと寂寥が静かに胸を浸すのを感じながら時を送る...
Pays de reve ペイドゥリーヴ とはフランス語で夢の国と言う意味。 人は夢を見る。 だが、その夢はすぐに忘れ去られてしまう。 大切な人との思い出でも、そして生きて来た奇跡もすべてを失い、夢の...
夜の気配は嫌いだ。 拒絶されている気がするから。 バラバラの時系列がどうしようもなく繋ぎ合わない、どこにもたどり着かないお話。 ※他のサイトにも投稿しています。
上場企業に務める夫、専業主婦の妻。 そして──養子として迎えた4歳の女の子「桜」 血の繋がらない家族のありかたを書いた短編作。
鳴かず飛ばずの作品ばかりを書いている万年底辺作家の川崎類。彼は六条葵という名前でWEB小説投稿サイトで活動していた。 彼が普段の通りに小説を書いていると、突如として頭の中に響く声が── 「そんなに気を...