このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
俺、私立探偵乾宗十郎の事務所に、ある日一組のカップルが依頼に訪れた。 ”今度結婚をする。ついては事情があって十年以上離ればなれになっていたただ一人の肉親の兄に出席してもらいたい。…
異世界「自閉世界」の魔王と現世の女性の間に生まれた神崎は、異世界と現世を自由に行き来できる能力を利用し、東京の東の端、新小岩で私立探偵事務所を営んでいる。 そんな神崎のパートナーは異世界から来たネコミ...
俺は私立探偵、乾宗十郎。ある時、俺の仕事上、重要な『足』になってくれている『ドライバー』のジョージが交通事故で病院に運び込まれた。 両足複雑骨折、動けるようになるまで短くて半年は…
俺はある女性漫画家から、妙な依頼を受けた。 その漫画家・・・・実はエロ漫画の世界では結構有名で、雑誌連載だけでなく、単行本も何冊も出しているのだが、自分が女性だということも、勿論…
あ~あ、暇だ。 最近は『なんとかウィルス』の問題があって、めっきり仕事が減った。 だから少し時計を逆回転させて、一年前の今頃の話をしようか。 俺は或る日、一人の女性から依頼を受け…
俺、私立探偵の乾宗十郎は、一組の夫婦から依頼を受けた。 『自分たちの一人息子が、二回り近くも年の離れた女性に夢中になっているらしい。調べて実態を明らかにしてくれ』  本来俺は結…
俺、私立探偵の乾宗十郎は、一人の老婦人から『かつて愛した男を探して欲しい』という依頼を受けた。  彼女は高名な女流洋画家で、かつてパリで一人のドイツ出身の男性と出会い、30歳近い…
珍しい人物が俺のところにやってきた。彼はかつて俺の手によって捕まえられ(探偵にだって逮捕権はある)、そして少年刑務所送りになった、手に負えない不良だった。 その彼が出所して、様々…
ウィルス騒ぎで半ばパニック状態が続いている昨今、俺の事務所に新進気鋭の映画監督が現れ、自分の晋作映画にある女優を起用したい。彼女をイメージして脚本も書いたのだが、準備が整ったとこ…
俺は今は亡きかつての上司で、堅実経営の探偵社の新社長・・・・とはいってもまだ19歳の現役女子大生だが・・・・ から『会社を狙う人間から守って欲しい』という依頼を受けた しかも一か…
その男はもう先が長くなかった。彼女は女を知らない。彼はある女優に恋をした。その恋をどうしても叶えたい。 しかし相手はディスクの中の女・・・・AV女優だった。 俺事、乾宗十郎は、男…
俺、私立探偵の乾宗十郎は、ハードな仕事ばかりじゃない。時折変な仕事も請け負うことがある。 今回などは正にそれだ。 ”自分が管理しているアパートに幽霊がいる。このままでは入居者が居…
俺こと、私立探偵の乾宗十郎は、切れ者マリーからの依頼を受け、一人の”少女”を東京まで護送する羽目になった。 このところ金目になる仕事から遠ざかっていたからな。何しろ人類を救うか…
自衛隊嫌いの平和主義者・・・・俺、私立探偵乾宗十郎が、どちらかといえばあまり関わりたくない男から、 『好きになった女がいる。その女の事を探してくれ』という依頼が来た。 『恋愛』『…
俺、名前は乾宗十郎。職業は私立探偵だ。ある時俺は基地の町横須賀で、一人の元米軍将校から依頼を受けた。 ”今から50年以上前、哀しい別れをした女性と、その娘にもう一度会いたい。自分…
俺、私立探偵の乾宗十郎は、ある古武道?の宗家から『秘伝書が盗まれたので取り返して欲しい』という依頼を受けた。 時代小説じゃあるまいし、今時秘伝書なんか・・・・と笑ってしまったが、…
俺の名前は乾宗十郎、私立探偵だ。最低限の法律とポリシーに反していない限り、大抵の依頼は何でも引き受ける。 ある時俺は自衛隊時代の後輩で、現在は神奈川県の山寺で住職をしている男から…
俺、私立探偵の乾宗十郎は、面倒な仕事を幾つか片付け、東京に戻り、東京駅近くの牛丼屋で朝食を摂っていた時、一人の子供に会った。 彼はどこかで金を落としたらしく、無銭飲食を咎められて…
DA:-SEIN ~御伽奇譚~「傀儡」の続編。 体育部の地区交流戦を無事に終え、宮司の息子「皆本頼光」は子供の日の「菖蒲祭」で舞 を奉納する。 彼に想いを寄せる幼馴染みの「吉田香…
俺は或る日、ちょっとしたことで知り合った、元『武闘派組織』の幹部だった男から、人探しを頼まれた。 彼は近々日本を離れねばならない。その前に昔恋人だった女に会いたい。探し出して連れ…
友人から行方不明になった仔猫を探してほしいと依頼を受けた私立探偵神宮寺那由多は、無茶苦茶でデララメに街中を錯綜する。
【試し読み用、本編の一部】  第二のヴィドックはパリで生まれた。世界初の私立探偵とされる十九世紀のヴィドックが生まれたこの街で、彼の名を継いで二一世紀に誕生したのだ。  名探偵不…
俺、私立探偵の乾宗十郎は、ある日一人の警察官(おまわり)から相談を持ち掛けられた。 『自分は今上司から見合いを勧められているが、別に好きな女性がいる。その女性に告白をして、見合い…
松の内がようやく開けかけた頃、俺、私立探偵の乾宗十郎は、一人の女性から訪問を受けた。 彼女の名は、藤堂ゆう子。中堅の演歌歌手で、地道ながらヒットも飛ばしている。 その彼女が『もう…
はっきり言おう。 俺は学校と教師(センコウ)が嫌いだ。 ことに美しい言葉で物事を飾り立てようとする輩はもっとも嫌いだ。 或る日、俺のところにかつての恩師(俺が唯一そう呼べる)女性…
『結婚と離婚については依頼を受けない』くどいように言っているが、これが俺の仕事を受ける上での信念の一つである。  しかし或る日俺の元に、高慢を絵に描いたような『女性作家』がやって…
"殺されそうだから調査して欲しい"俺に仕事を依頼に来た女はまるで他人事のように冷静な口調で言った。黒の帽子に黒いサングラスそして上等な生地の黒い服。何もかも黒づくめの女。サングラ…
俺、乾宗十郎、職業は私立探偵だ。 ある時俺は一人の女優から依頼を受けた。 女優とは言っても、脇役専門の地味な、それももう50歳を過ぎたベテラン女優だ。 その彼女が『恋をした』の…
嘗て鬼検事と名を馳せた榊原龍一郎、今は弁護士に転身し小さな法律事務所の代表に収まっている。彼は表立って人権派を掲げているわけではないが、なぜか厄介で金にならない依頼ばかりが舞い込んでくる。ある日、恩師...
俺、私立探偵の乾宗十郎は、ある日突然拉致され、どこかの屋敷に連れ込まれ、一人の老人から依頼を受けた。 その依頼とは・・・・?