このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
ある時、俺は一人の女から『自分の婚約者を探って欲しい』という依頼を受けた。 本当なら俺は結婚と離婚に関する依頼はNGにしているのだが、いかんせん時節柄、依頼の件数が減ってきている…
0時0分0秒、炎上した事で有名な動画配信者「オカリナ」がファイヤーマンと名乗る謎の人物に惨殺されその凄惨なシーンは配信された。すぐに動画は削除されたものの、警部の蒲生耕作ら警察関係者を始めとする閲覧者...
何でもない依頼に思えた。  一人の女性から”行方不明になった兄を探し出して欲しい”  それが依頼内容だった。  人探しは探偵の基礎中の基礎である。   だが、それがそうはならな…
本作『湾都の探偵』は連載中の 『麗血の番人』の番外編です。 『麗血の番人』に登場したマミコ・チギリが 本作の主人公です。 以下のエピソードで登場しました。気になる方は 読んで確…
嘗て数々の華々しい功績を挙げ「本庁のカミソリ」と言わしめたエリート刑事だった榊原龍一郎は、ある重大事件をきっかけに組織と懐を分かち私立探偵に転職。流れ着いた新宿歌舞伎町で探偵事務所を自営している。ある...
俺、私立探偵の乾宗十郎は、自分の目で見たものしか信じない。 従って幽霊などの類はこの世に存在しないと硬く信じている。 しかしそんな俺の信念がぐらつくような出会いが起こったのだ。そ…
俺、乾宗十郎は一人の女の訪問を受けた。 40代半ばの彼女は、夫と三人の子供を持つ、どこにでもいる平凡な人妻である。 しかしその彼女が今、『ある男』の陰に怯えているという。 『ある…
俺は乾宗十郎。私立探偵だ。 法に触れて居なくって、反社とも関係がなく、筋が通っており、かつ離婚と結婚に無関係な依頼なら、大抵は引き受けることにしている。 今回の依頼は何だかおかし…
俺の名は乾宗十郎、職業は私立探偵だ。 筋が通って、法に違反しておらず、離婚と結婚に関係のない依頼なら、大抵は引き受ける。 今回の仕事は、『自分を尾行してくれ。そして自分が何か事を…
俺ことと、私立探偵の乾宗十郎の元に、ある日一人の憔悴した一人の男が依頼に訪れた。 彼はそこそこ名の売れた小説家だが、あるきっかけで筆を折られたという。 きっかけは些細なことで、自…
俺、私立探偵の乾宗十郎は、ある日一人の憔悴しきった新進作家から依頼を持ち込まれた。  彼はある時、社会で起こっていた一つの事件について、他とは違った意見をsnsに投稿したところ…
俺、私立探偵乾宗十郎は、ある日一組のカップルから相談を受けた。 そのカップルは、女の方が男よりも15歳も年が上だという。  しかし最近二人の生活を脅かす不穏な事件が頻発していると…
俺は乾宗十郎、お見かけ通りの私立探偵である。 こんな稼業をやっていると、時として本当に突飛な依頼を持ち込まれることがある。 今回などは正にそれだ。 和歌山県にあるO山系の中にある…
私立探偵保本の元に舞い込んだ怪事件『絵が笑うと人が、死ぬ。』 果たして保本は、その事件の真相にたどり着くことができるのか!?
若い頃、ハードボイルド小説が好きで よく読んでいました。 特に軒上泊の『べっぴんの町』という 柴田恭兵主演で映画化もされた作品は原作小説、映画共に好きでした。 素人の自己満足で構わないので、自分で小説...
更新: 2021/01/30 2021年1月30日更新
『自分は脅迫されている。何とかしてくれ』  そんな依頼が来たのは、バレンタインデイのバカ騒ぎも過ぎた、ある日曜の事だった。  呼び出されたのは都内にある某レコーディングスタジオ…
”新型ナントカ”の影響により、いつもより参拝者の少ない都内の某神社に俺はいた。 ”初詣に来たのか”だって?  馬鹿をいうな。  仕事だよ。  俺の依頼人が、ある人物とこの神社の近…
もう年も押し詰まっちまった。しかし諸君らに何も話さずに終わるというのも気の毒だ。 そこで過去の事件簿をひっくり返して、ご披露しようと思う。 今を遡ること、ざっと四年は前のことだ。…
司法の街、霞が関にて探偵事務所を自営し、私立探偵として弁護士会の調査顧問を務めている榊原龍一郎は、嘗ては「本庁のカミソリ」と称された凄腕のエリート刑事であり、新たに作成された特別司法警察職員「特命事件...
俺こと私立探偵乾宗十郎は、年末恒例の大掃除に追われ、やっとそれも済み、一息ついているところへ来客が現れた。 つい最近刑務所を出たばかりのその男は、俺に”行方知れずの娘にクリスマス…
はじめての人はじめまして!ぴーちゃんです!今回は、ルパンの次女が、天才バーテンダー佐々倉溜に恋をするラブコメディです。掛け持ちしてるので……。更新遅くなるかもで...
更新: 2020/12/20 更新:2020/12/20 17:25
俺、乾宗十郎は、年末も押し詰まったある日、ある有名実業家から妙な依頼を受けた。 ”自分の母親が去年亡くなったのだが、彼女が臨終の際に呟いた言葉が気になって仕方がない。それを調べて…
その日、神の御子が生まれ給いし聖なる前日、つまりはクリスマス・イブだ。  しかし俺みたいな一介の私立探偵には、祭りを祝ってる暇なんかない。  気が乗らなくっても金は稼がないと生き…
この事件は俺、私立探偵の乾宗十郎の扱った事件の中でも、最も気の重い、嫌なものである。 ある日俺の事務所に、一人の青年が現れた。  一年前に母親を亡くしているのだが、その彼女がいま…
探偵がバーで飲んでいると、浮浪者ふうの男が今しがた中に入ってきた男を撃ち殺した。二発の銃弾だった。 浮浪者ふうの男は逃亡し、行方が分からなくなる。殺された男を知っている気がしたが…
俺、私立探偵の乾宗十郎は一人の男からある依頼を受けた。 男は新進の劇画原作者。主に男女の恋愛模様を主題にした作品を書いているのだが、 『自分はストーカーに遭っている。何とか助けて…
ついてない時には、とんでもない依頼を拾ってしまうものだ。 ”拾った”?  そう、今回は本当にそうだったのだ。  大仕事を片付け、俺がネグラに返って来た時、雨に濡れた公園のベンチで…
俺、私立探偵の乾宗十郎は、一人の女性から依頼を受けた。 彼女はさる大企業の社長令嬢。美人で頭も良く、モテる。 そんな彼女が結婚までしようと思っていた一人の男性に『振られた』という…
俺は私立探偵、乾宗十郎。この目で見たこと、聞いたこと、確認したこと以外は信じないことにしている。 それでもこんな仕事をしていると、何故か突拍子もない依頼を受けることがある。 今回…
俺のところに、ある日一人の若い男から依頼人がやって来た。 『毎年、十一月の初めになると、自分の家のポストに封筒が投げ入れてあり、中には決まって額面百万円の小切手が入っている。銀行…