このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

「おいらんねえさんは、鬼に憑かれとるんじゃ!」 今は昔。江戸、吉原遊郭。 大見世『ともゑ屋』には、世にも珍しい異人の、空色の花魁がいた。思慮深く、機転がきいて、床上手。おまけに気位も思うより高くない。...
更新: 26分前 連載中 7話 / 2019年6月25日更新
玄界灘。 この黒い潮流は、多くの夢や欲望を呑み込んできた。 人の命でさえも――。 九州は筑前の斯摩藩を出奔し江戸谷中で用心棒を務める萩尾大楽は、家督を譲った弟・主計が藩の機密を盗み出して脱藩したと知...
玄界灘。 この黒い潮流は、多くの夢や欲望を呑み込んできた。 人の命でさえも――。 九州は筑前の斯摩藩を出奔し江戸谷中で用心棒を務める萩尾大楽は、家督を譲った弟・主計が藩の機密を…
【毎日投稿】 妖怪 × 落語 × ショートショート  怖いのか可笑しいのか、笑えるのか泣けるのか。  オチが付けばそれまでの怪談噺。  ◇ 『妖怪』をテーマに短く読める小説を投稿中。  ...
八幡神社裏のお稲荷さんに願掛けをすると恋の願いが叶う。そんな噂を聞きつけて、神社の縁日にやってきた仙台藩士の娘、佐保は奇抜な身なりをした若者と会う。見た目とは違い、思いやりのある態度に好感を抱くがなに...
ここからが、あらすじです。 もしも、新撰組副長「土方歳三」が徳川家将軍の後継者だったら。また、今まで語られてこなかった「鬼の土方」の幼少期。本当に、土方歳三は、負けたのか?死んだのか?これらを軸に展開...
「てめえには欠点がある。それがわかるまで、俺の下で人生修行だ。」 上州勢多郡馬場村の孝市郎はその一言で、両親から引き離され、上州博徒の巨魁、大前田栄五郎の部屋住みとなる。孝市郎は、幼いころ評判の乱暴者...
”江戸時代の遊郭の楼主に生まれ変わったので遊女の待遇改善に努めつつ吉原遊廓の未来も変えようと思う”の続編になります。 弁財天と名乗る女性に遊女を救うように心に直接呼びかけられた後、何故か江戸時代の吉...
21世紀の現代ではただの風俗店員だった俺は過労死して暗い空間を漂っていた時に、弁財天と名乗る女性に遊女を救うように心に直接呼びかけられた後、何故か江戸時代の吉原遊郭の最高級の店で…
※この作品は、『第2回「マグネット!」小説コンテスト』で優秀賞を受賞しました!2019年7月3日に書籍化予定です! https://www.magnetmacrolink.com/miurikko...
長く続いた武将たちの戦いも終わり、現代は徳川の世昼間は菓子屋、小物屋、見世物小屋などが立ち並び夜間は酒屋や花魁の店が栄えているこれは江戸時代の最中、一人の少女を...
更新: 2019/06/23 更新:2019/6/23 16:37
私たちとは異なる歴史を歩む世界の話。 鬼と人が入り乱れる戦国時代があった。鬼と戦い、ときに人と戦う地獄絵図だったが、神の力を授かったひとりの英雄の手によって終結し、時代は江戸時…
天明年間、人に仇名す妖怪・悪霊を誰にも知られず退治していく女忍者――くノ一集団がいた。  彼女たちは天摩忍群くノ一衆といい、不思議な忍法や法術を身につけ、妖術をつかう怪異と戦っていた。  この物語は、...
ふとした事がきっかけで三百年前と現代を自由に行き来できる能力を身につけた俺は、これを利用して金儲けを実践、そこそこ財産を蓄える事に成功した。ある日、過去の世界で河原に集められ、泣…
菊を名産とする山間の村、菊原村……そこには、菊畑の開祖と言われる姫の塚があった。その名も、白菊姫。しかしその塚には、中秋の名月の晩に白菊を供えると死霊が出る、という恐ろしい伝説があった。興味を持った小...
幼い四代将軍が就いた頃の江戸、隻眼の男・七郎は江戸に潜む魔性との闘争に身を投じる事になった。しかし彼の目的は世の平和ではない。自身の目指す武の深奥、無刀取りである。
江戸時代初期、裕福な金貸し屋の旦那の長吉(ながよし)は、藤姫という公家方の若く美しい妻を迎えたが・・・・・・怪しい美少年、炎ノ介が長吉の目前に現われる。 1687年刊行の井原西…
時は江戸。舞台は江戸のお膝元。ひとつの事件をきっかけに鍛冶職人幻鷲霊斬とうどん屋で働く千砂が出会う。それは今後の二人の運命を大きく変えるものだった。互いに人に知られてはいけない一面を持ち、人の闇に触れ...
かつて、鬼と呼ばれた男がいた。 太平の世の中、誰にも知られぬ夜の影、鬼は一人で牙を剥く。やがて鬼は年老いて、今は歯牙ない渡世人。 鬼の影を追う者は、己が屍を曝すのみ。 惚れた女…
時は江戸時代。 外様の雲居藩(くもいはん)に仕える武士・花菱伊織(はなびし いおり)の元に一人の女中・すゞ(すず)が現れる。 彼女との出会いから、いつしか伊織は妖怪に関わっていくようになる。 江戸時代...
木兵衛は、江戸の京橋桶町の小さな長屋にてツボ師としての仕事を行っている。その誠実な施術と親しみのある話術は、その治癒効果と合わせて町人衆の評判を呼ぶほどの人気である。しかし、木兵衛はツボ師としての表の...
木兵衛は、江戸の京橋桶町の小さな長屋にてツボ師としての仕事を行っている。しかし、木兵衛は表の仕事とは別に、裏の仕事を行うもう1つの顔がある。  これは、寛政年間の定信による町人衆への出版・風紀の取り締...
江戸の町奉行だった、暖才善右衛門。 哀れ真面目過ぎたが故に江戸を放逐され、人っ子一人居ない僻地の宿場町へと追いやられる。 そうしてたどり着いた誰もいないはずのその町で、善右衛門は一匹の化け狸と...
江戸の町奉行だった、暖才善右衛門。 哀れ真面目過ぎたが故に江戸を放逐され、人っ子一人居ない僻地の宿場町へと追いやられる。 そうしてたどり着いた誰もいないはずのその町で、善右衛門…
江戸の町奉行だった、暖才善右衛門。 哀れ真面目過ぎたが故に江戸を放逐され、人っ子一人居ない宿場町へと追いやられる。 そうしてたどり着いた誰もいないはずのその町で、善右衛門は一匹の化け狸と出会う。...
(毎日3話更新中です) 身体は売ろうが心は売らぬ。色が無くては生きてはいけぬ。 愛しいのは貴方様、唯一人でありんす。 今は昔。江戸、吉原遊郭。 大見世『ともゑ屋』には、多数の人気花魁が在籍している。そ...
更新: 2019/06/20 完結 55話 / 2019年6月20日更新
戦国と太平の狭間、多くの牢人が巷に溢れた。  その一人、青柳兵庫は、己の兵法を磨くため、小さな戦場に身を置いていた。  向山藩一八,〇〇〇石、小さな大名家は、幕府の思惑に揺れ、真っ二つに割れ、争いを...
江戸から90里ほど離れた70万石を誇る奥州藩。 見た目は異国風の謎の白銀童女と武士の家系に生まれながら、派閥争いに巻き込まれ、義賊になった若者はイケメン揃いの仲間とともに幼馴染の…
滋賀県近江八幡市を観光中の大学生、伊吹栄三郎は突如元禄8年(1695年)にタイムスリップしてしまった。 そこで彼は持ち前の人当たりの良さと近江商人としての心構えで、傾いた商家を建て直すことになる。やが...