このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
対い鶴はどのように乱世の空を舞ったのか 乱世と共に世に出で、乱世と共に消えていった蒲生一族 定秀、賢秀、氏郷の三代記 六角定頼、織田信長、豊臣秀吉 三人の天下人に仕えた蒲生家三代の歴史を描く正統派...
乱世と共に世に出で、乱世と共に消えていった蒲生一族 定秀、賢秀、氏郷の三代記 六角定頼、織田信長、豊臣秀吉 三人の天下人に仕えた蒲生家三代の歴史を描く正統派歴史小説(のつもりで…
対い鶴はどのように乱世の空を舞ったのか 乱世と共に世に出で、乱世と共に消えていった蒲生一族 定秀、賢秀、氏郷の三代記 六角定頼、織田信長、豊臣秀吉 三人の天下人に仕えた蒲生家三代の歴史を描く正統派歴史...
この作品は古典『伊勢物語』の現代語訳ではありません。 歌物語である「古典『伊勢物語』」を離れ、史実を織り交ぜながら 歴史上の人物としての在原業平を描く作品です。 在原業平は『古今…
17世紀の東アジア。明国の衰亡と清国の台頭。海の彼方の日本では徳川幕府が政権を盤石なものとしていく時代。 フランシスコ・ザビエルが封印しようとしたアジア世界最凶の魔物。。。しかし悪霊払いの失敗によっ...
暗黒街を歩く男に生きる希望を与えたのは、たった一人の子供だった―― 銭で人を殺す始末屋稼業を営む次郎八は、心に負った傷から目を逸らす為、阿芙蓉(アヘン)と酒に溺れる日々を送っていた。 そんなある日、...
銭で人を殺す始末屋稼業を営む次郎八は、心に負った傷から目を逸らす為、阿芙蓉(アヘン)と酒に溺れる日々を送っていた。 そんなある日、次郎八は武士の一団に襲われる親子連れを助ける。父…
明治時代の社会や政治のお話。 エッセイ風な文章と、関連人物の史実を元にした歴史小説ごっちゃまぜです。 どれも1000文字前後のお話で、一話完結なので、気軽にお読みください。
日本史大好き女子高生、浅川秀美は図書館帰りのある日いきなり雷に打たれる。 そのちょうど四百年前、大坂の町をひそかに歩いていた男たちがいた。 その名は、「真田幸村」。幸村は四百年…
「人を斬らねば、私は生きられぬのか……」  江戸の泰平も豊熟の極みに達し、組織からも人の心からも腐敗臭を放ちだした頃。  魔剣・念真流の次期宗家である平山清記は、夜須藩を守る刺客として、鬱々とした日...
現在の南アフリカ共和国の東部に、かつてたった一代で、大きく領土を拡大した国があった。 栄光ある国の名はズールー王国。 そして偉大なるこの国の王こそ、帝王「シャカ・ズールー」である。 キング・シャカとい...
平成の世に生きる平凡な男子高校生青山耕平が、ひょんなことから戦国時代にタイムスリップ! 目覚めた先は出羽、米沢の地で、戦国大名伊達輝宗の領国であった。そして、耕平は自分が伊達家重…
この作品は古典『源氏物語』の現代語訳ではありません。 むしろ徹底した古典『源氏』離れに特徴があります。 実際の平安王朝時代に光源氏が実在していたら……そんな設定のもとに書かれてい…
四百三十年前。 涙と魂が絶え間なく舞い散る天正年間。 若者たちはみじかい命を激烈に燃やし、愛を熱くたぎらせた。 われ心武く、慈悲深重にして正直であらん―― 為すべきを為し、成らぬならば、これもまた天...
松平源三郎康俊、十八歳。  徳川家康の異父弟にして、人質のプロ。  武田の軍勢が織田・徳川領に大攻勢をかけると知った源三郎は、武田の城から脱出して雪山を走破。目的は果たすが、凍…
【17世紀、神聖ローマ帝国ウィーン籠城戦。これは、クロワッサンの誕生物語】 1683年、オスマン帝国の大軍に包囲された神聖ローマ帝国首都ウィーン。 皇帝も都市から逃げ出し、市壁の中には守備隊の...
【KADOKAWA小説野性時代新人賞二次選考通過作】の続編 通過作【自在之棋士〈一〉晦夜の譜】はこちら ⇒https://kakuyomu.jp/works/1177354054…
いつ頃から洋菓子があるの?明治時代のアクセは?結婚は?といった明治の文化について書いています。 一話完結の対話形式で書かれた短編ですので、興味のあるところからお読みください。 …
戦国時代随一の天下人、織田信長。その側室に上がることになった少女、ささ。誰も知らない、命を賭けた壮大な愛の物語。
凶悪な鬼を退治して世界に平和をもたらした桃太郎の、知られざる後日譚。
若き日の木下藤吉郎は謎の侍に出会い、「男として大切なもの」を捨てても天下を望むと言い切った。 藤吉郎は秀吉となり信長の姪を娶るが、なかなか子供はできなかった。 しかしそのうち、秀…
「――暗い中にでも、どこかに小さな灯火がある。せめて、そんな光を灯したかった……」  どんなに修行をしても、自らに奇跡は起こせないと悟った僧・清虚――彼は修行をやめ、毎夜、海に向かって火を焚くだ...
この文章は、紫式部著 與謝野晶子訳 源氏物語 を青空文庫から転載したものです。  小説家になろうに投稿することにより、様々な新たな媒体から気軽に作品に親しむことを目的としています。  以下、青空...
古代エジプトのクレオパトラ女王のもと、侍女として働く女性オトゥシオが主人公です。女王の下で働くことは大変に苦しく、数々の困難がオトゥシオにおそいかかります。それをに乗り越えてゆくストーリーです。
更新: 2020/04/28 文字数 33,100
古代エジプトのクレオパトラ女王の侍女であるオトゥシオという女性が主人公です。オトゥシオが日々の仕事の中で味わう苦労や困難をどうやって克服してゆくかが大きなテーマとなっております。 オトゥシオは現在2...
更新: 2020/04/26 文字数 33,100
十二世紀、中国大陸。遊牧民のキヤト族は大陸制覇を目前としていた。 キヤト族の城砦に囚われた盾作りアンジュと、族長の娘にして不敗の姫将軍リルディル。 身分違いの二人が駆け落ちの末に…
私の小説や好きな作家、書くときの意識など、気まぐれに綴っていきます。
江戸時代、下級武士の出身から驚異の出世を遂げて、勘定奉行・南町奉行まで昇り詰めた秀才、根岸鎮衛(ねぎしやすもり)が30年余にわたって書き記した随筆「耳嚢」  その「巻之二」に掲載されているお話を...
慶長四(1599)年、前田利家死去。 屋台骨を失った豊臣家の武将、福島正則は石田三成襲撃事件を起こす。 そして正則は見事、石田三成の首を刎ねる事に成功する。 しかしそれは、…
織田信長の天下統一寸前。 信長から接待を受ける旅の途上にある徳川軍団の重鎮たちは、歴史オタクの接待係に請われて「最も苦労した戦は何か?」について語り始める。 三方ヶ原や一向一揆が…