このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
地球は崩壊した。 見えざるものによって助けられた地球は、分割されそれぞれ異世界へと移住させられた。 日本の明日はどうなる。 日本の技術力は第二次大戦レベル。 考証はスカスカです。ご都合主義は大事です...
第二次世界大戦において、大日本帝国は大東亞戦争(太平洋戦争)へと自ら突入した。 そして戦場を中心として、大日本帝国とりわけ日本帝国海軍は日露戦争並の幸運に恵まれた。 果たして、圧倒的という以上の国力を...
皇暦2605年9月27日。 無条件降伏を理由に我々の国は赤く染められた。 奴らは騙した。奴らは裏切った。 無条件降伏をしても独立権を担保するという欺瞞に騙され、武装解除した我々は蹂躙された。 あれ...
列強諸国との外交経済問題で戦争への技路に立たされた日本は結局戦争という最終手段を取らざるを得なくなった。これに打ち勝つためには、アジア諸国をも白人から解放し共に戦う道を将来とる必…
過去世界への干渉システムを完成させた日本、そこで戦われる太平洋戦争とは?
第三次世界大戦により文明の大半が滅んでから数千年。第三次世界大戦以前のほとんどの記憶が失われた人類は、再び同じ歴史を繰り返そうとしていた。  しかし第四次世界大戦は、第二次世界大戦と似た様相を見せなが...
太平洋戦争中に沈んだ旧日本海軍の艦艇の最期について一隻ずつ書いてます。戦争を体験したわけでもなんでもないですが、日本海軍について調べ、戦争の悲惨さを知りました。戦争の厳しさが少し…
一九四二年六月、ミッドウェー海戦で日本海軍は赤城、加賀、蒼龍の三空母を失うという大敗を喫した。  その二ヶ月後、アメリカ軍海兵隊はソロモン諸島ガダルカナル島への上陸作戦を開始し、ここに日米による熾烈な...
ある日、昭和19年にタイムスリップした白河みつきは、男所帯の大日本帝国海軍航空隊でただ一人の女整備士として働く事に。戦争を知らないみつきはやがて激化していく戦争に戸惑いながらも、國の興廃を懸け大空に舞...
お気楽攻略とは歴史改変を主目的に日本軍に有利な結果になるまで何度でもリロードを繰り返す邪道プレイです。そのためノーリロード縛りプレイヤーの攻略の参考には全くなりません。 このプレイレポは2004年5月...
帝国海軍が前線の戦力強化のために編成したトラ4032船団は、昭和18年11月、突如として小笠原沖で消息を絶った。懸命な捜索が行われたが、彼らの行方は、この世界の誰にもわからない。そう、この世界の……...
ある日、昭和19年にタイムスリップした白河みつきは、男所帯の大日本帝国海軍航空隊でただ一人の女整備員として働く事に。戦争を知らないみつきはやがて激化していく戦争に戸惑いながらも、…
当時世界屈指の性能を誇った二式大艇。もし二式大艇が陸上機化されていれば、二式大艇とそう変わらない時期に戦力化されていれば、バカ烏と呼ばれた深山と異なり活躍することもできたかもしれない。これは、川西飛行...
史実の「雷電」は開発の難航により必要とされた時期に戦力化できませんでした。その代わりに何でも背負い込む事になった「零戦」の苦難はここから始まったと言えるでしょう。  本作では川西航空機が水上戦闘機「...
昭和19年12月25日。 日本海軍に新たな部隊が生まれた。 「知将・仁将・猛将」と呼ばれた若き三人の隊長を描く短編集。 ※実在した人物をイメージして書いています。 ※これは創…
八月一日。 空も海も、青く輝いていた。 彼の最期が少しでも、静かで、安らかなものであったら。 そういう願いを込めて書きました。 ※実在した人物をイメージして書いています。…
掲載: カクヨム 作者: mtk
更新: 2019/05/08 1話
八月一日。 空も海も、青く輝いていた。 大尉の最期が少しでも、静かで、安らかなものであったら。 そういう願いを込めて書きました。 ※実在した人物をイメージして書いています…
西暦2055年──空飛ぶ艦艇〈飛行軍艦〉。 ドイツ連邦が造り上げた新世代の兵器は、友好の証として日本皇国へ贈られ、研究開発が進められた。 そしてその15年後には一七〇隻を超える大…
現代でも回避する事が困難と言われるロシアの超高速ロケット魚雷「シクヴァル」。そのシクヴァルもどきの魚雷を太平洋戦争前に日本海軍が偶然の積み重ねで開発に成功してしまいます。当時としてはオーパーツのような...