このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
アラフォーIT社畜、皆木秋也(みなぎしゅうや)は、 始発電車で帰宅途中に異世界オルトヘイムへと転移した。 ――愛用のタブレットのオプションとして。 異世界転生したのは、タブレットに宿った電子の妖精エク...
美人ではあるものの、その残念過ぎる性格なために男子にはまったくモテないのだが、それとは逆になぜか女子にはモテモテな小野寺麻里奈。 その麻里奈が親友でありもうひとりの主人公である地味顔のメガネ少女立花博...
読書好きの不良少年、衣笠巧。 彼の日課は高校をサボって図書館に行き、閉館までひたすらに本を読むこと。 ある日、彼がいつも決まって座る机に一冊のノートが置かれていた。 ノートの中…
闇とか光とか恥ずかしくないんですか。
更新: 2019/12/09 ページ数 20 (連載中)
金田は、学生時代に思いを寄せていた椋木さんに、書店でばったり遭遇する。 その椋木さんにどうやって連絡先を聞き出せば良いか考えていた金田は、ふと悪寒を感じ立ち止まる。 そこには…
医師国家試験を受験するはずだった俺は攻撃魔法の大家ノワル家の嫡男メディク=ノワルとして異世界転生していた。  第二の人生前向きに生きようと誓ったけど、俺に攻撃魔法の才能は皆無で才能溢れる従妹と比較され...
拝啓 いきなりのお手紙失礼します。 あなたをひと目見たときからあなたのことが好きでした。 どのくらい好きかと言うと、あなたをおかずにご飯百杯、吐き戻しながらでも食べられる程です。 もし願いが叶...
雲母雅人(きららまさと)は高校一年生の頃、公園に捨てられた雌の子猫を拾った。 雅人は彼女が汚れていたにも関わらず、必死にミルクを飲ませ、病院へ連れて行き治療を受けさせた上で〝ひまり〟と命名し、ペットと...
ブラック企業勤めの相沢幸太郎は事故で兄と両親を失った。その際の上司との口論で嫌気が差した彼は会社を退職するも、どこか感傷的になり、自堕落な生活を送っていた。 そんな時、公園でブランコを漕ぐ美人女子高...
至極平凡な生活を生き甲斐とする 高校一年生、花井 旭の 唯一の楽しみは、 座席表の左斜め前、 窓際の席に座る文学少女 月ヶ瀬 水桃の横顔を眺めること。 彼女をこっそり盗み見ては、 その度にほっこり...
2006年前後に精神を病んで、引きこもり不登校をしていた中学生の、当時のリアルな怪文集。 掲載の許可は、すっかりすこやかで社交的になった十年以上のちの私に、得ています。
恋愛に興味がない乱歩が大好きな女子高校生、藤沢由華。 恋愛をしたことが無いロリコン大学生、中原裕也。 二人はひょんなきっかけで付き合う事になり…… 不器用過ぎるけれど、恋人が大好きな二人の物語。 多分...
大学の読書サークルで知り合った彼女。   なんとなく意気投合して、文芸イベントに大学のサークルで参加したりと楽しく過ごしていた。   卒業後、郷里にもどる彼女と疎遠になるのが怖…
級友の二人が飲み込まれた数日後、ゆりねは交際相手のしおりから人喰い自動販売機を利用する事を提案される。
彼女はとても、本が似合っていたんだ。  はためいたカーテン、それと同時に優しくはためく君の髪。  これは偶然か、必然か。  2人の男女が織り成す、窓際の物語。
劇場館高校の高嶺の花にして、どんな時でも無表情で有名な『鋼鉄の文学少女』の異名を持つ少女・隠神刑部鉄火(いぬがみぎょうぶ てっか)。  彼女にはとある秘密があった。  それは…
紫涼は文庫本を片時も手放さない古風で古典的な文学少女。 愛するのは数多くのエッセイも書き遺したずっと昔の小説家。 夏休みの始まりと同時に自分の文学愛のために「戦場」へと旅立つ。 …
ゴシックロリータ服で着飾った少女は今日もお姫様気分で古ぼけたカフェでお茶を嗜みながら本を読む。 そこに現れたホストのような見た目をしたチャラ男。 分かり合えそうにもないと思っていたのに、チャラ男が取り...
ようこそ、魔法世界《インテグラ》へ! 現実世界で疲れてはいないかい?安心してくれ!ここ、《インテグラ》には、青春、友情、恋愛、様々なものがある世界。ここでは、なんでも叶う。どうだ、君もこの世界の先住民...
大学の読書サークルで知り合った彼女。 なんとなく意気投合して、文芸イベントに大学のサークルで参加したりと楽しく過ごしていた。 卒業後、郷里にもどる彼女と疎遠になるのが怖くて、二人でサークルを作って...
話しかけても笑いかけても無表情を貫く斉木さんが、俺はずっとずっと好きだった。……なのに高校デビューって、今どきギャルって、どゆこと!? (野いちご、ベリーズカフェにも掲載しています)
口下手で引っ込み思案な私。無口で無愛想で、だけど本当は優しい先生。放課後の国語科準備室で、私は先生と一冊の恋物語を読む。 静かで心地よくて優しい時間。一冊の本を覗き混みながら、時折触れあう肩と肩。私達...
また小太りのダメ男が登場しています。 私は現実にもあるリア充の武勇伝を自作の中でまで繰り返すのもナンだなと思っていまして、それで自分モテみたいな気持ちの悪い作品をついつい書いてし…