このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
【試し読み用、本編の一部】 「顔だ、顔がいるんだ! 顔を調伏しないと!」  見る間に頂に達した技師が、刀を振りかぶる。 「まずい、離れろ!」  身体を黒木大尉に押され、隆が電柱か…
1929年世界恐慌により大日本帝國も含め世界は大恐慌に陥る。 これに対し大日本帝國は満州事変で満州を勢力圏に置き、積極的に工場や造船所などを建造し、経済再建と大幅な軍備拡張に成功する。  そして1...
遥か未来、地表の9割が生ける屍に覆われた世界でも、人類から戦争がなくなることはない。防壁に囲まれた「都市」に立て篭もる人類は、空を飛行戦艦で埋め尽くし、喪われた地上に代わる新たな戦場とした。 そして、...
おれはふとしたはずみで死んでしまった……。 それだけじゃない。そのまま、太平洋戦争で真珠湾攻撃に出撃中の、あの悪名高い第一機動部隊長、南雲中将に転生してしまったのだ。 これも大学の時、卒論で南雲っちの...
1943年11月5日 その世界では未だ日米開戦は辛うじて避けられていた。しかし、▼急激に対日開戦の機運が高まっていた。合衆国政府の分析では、彼我の国力差は低く見ても▼大日本帝国1に対して合衆国10以上...
【仮想戦記×異世界】我、真珠湾にて異世界軍と戦闘状態に入れり【大日本帝国VS異世界】 ―喪われた戦争― 1941年、大日本帝国とアメリカ合衆国は太平洋の覇権をかけて一触即発の状況…
避け得ぬ動乱の時代に備え戦力の充実に邁進する帝国海軍。 その影に「未来の記憶」を持つ男たちの姿があった。 増強された空母群、超巨大戦艦が連合国軍を蹂躙する。
皇暦2605年9月27日。 無条件降伏を理由に我々の国は赤く染められた。 奴らは騙した。奴らは裏切った。 無条件降伏をしても独立権を担保するという欺瞞に騙され、武装解除した我々は蹂躙された。 あれ...
あの敗戦を繰り返さない。彼の心は頑なにそれを願う。 絞首台に消えたあの時から……やり直しがきくのあれば、出来ることをやろう……あの無様な帝国の清算人になることだけは避けなければならない……。 後世...
【仮想戦記×異世界】我、真珠湾にて異世界軍と戦闘状態に入れり【大日本帝国VS異形の軍勢】 ―喪われた戦争―  その日、真珠湾は魔の軍勢に蹂躙された 1941年、大日本帝国とアメリカ合衆国は太平洋の...
昭和一七年の六月のミッドウェー海戦において、日本海軍は正規空母六隻のうちの四隻を失ってしまい、攻勢から守勢へと転じてしまう。  しかし、日本海軍は空母決戦における「守り」の大切…
米寿を迎えた主人公、元川郁代(もとかわいくよ)は生涯伴侶を持たなかった。 弟夫婦の息子夫婦の家にいさせてもらっていて、最近とみに死について考えるようになった。 その際。思い返さ…
平成最後の終戦記念日。 変わらぬ日常を過ごしていた”僕”こと初冠藜は、奇妙な夢から覚める。 時計の針が3本同時に直上を指し示す、正午と同時に、大きな鐘の音が鳴り響いた。 瞬間、気づけばその足で、平成3...
もしも、フレンズが第二次世界大戦時からいたら。というけもフレ二次創作小説です。世界観が世界観なので個人的に難易度高めですが、なんとか完結まで行きたいです。更新スペースは気まぐれ。…
過去世界への干渉システムを完成させた日本、そこで戦われる太平洋戦争とは?
昭和20年、沖縄。日本攻撃の前線基地を確保せんと迫る米軍と、それを少しでも時間を稼ごうとする日本軍。そこで日本軍は、兵員不足を補うため、沖縄の少年たちを戦力に投じた。 そんな戦…
太平洋戦争末期の日本、本土にも多くの爆撃機が来襲していた。そこに傷ついた亀形ロボット『tenchi』が天から落ちてきて、大日本帝国海軍女性通信兵・シマに助けてもらう。
1929年世界恐慌により大日本帝國も含め世界は大恐慌に陥る。 これに対し大日本帝國は満州事変で満州を勢力圏に置き、積極的に工場や造船所などを建造し、経済再建と大幅な軍備拡張に成功する。  そして193...
太平洋戦争のモロタイ島の戦いを舞台にした架空戦記です。▼帝国陸軍歩兵第210連隊に所属する与野正彰中尉は撤退中に孤立し、密林を彷徨う羽目に。しかし偶然少女を助けた事により、彼の運命は狂い始める…。▼気...
平成最後の終戦記念日―――8月15日。 変わらぬ日常を過ごしていた”僕”こと初冠藜は、奇妙な夢から覚める。 時計の針が3本同時に直上を指し示す、正午と同時に、聞き慣れない、大きな…
昭和一六年一二月七日。 ハワイ時刻一二月八日早朝。 ハワイの北に取り付けられていた一台のレーダーが、謎の大編隊を発見した。
西暦2030x年 中国北朝鮮の核ミサイルが日本に向けて発射。 自衛隊はこれを迎撃。 核ミサイルは上空で爆発した。 その瞬間、日本と台湾は太平洋戦争開戦直前の1941年11月22日にタイムスリップしてし...
1947年11月ーー 北海道に配備された4式中戦車の高初速75ミリ砲が咆哮した。 500馬力に迫る空冷ジーゼルエンジンが唸りを上げ、30トンを超える鋼の怪物を疾駆させていた。 目指すは、ソビエト...
南溟の怪魔シリーズの新作として、これまでの「海魔」「天魔」の両作品を書く中でストーリー展開とは無関係であったため未掲載と成ったエピソードを中心に短編集としてお届けすることにしました。  なおこの作品...
八十を越えたお婆ちゃんが自分が巫女をしていた神社でのできごとを語ります。できごとの舞台は1944年(昭和19年)東京。 史実ではありません。フィクションです。実在の神社とは全く関係ありません。 太平...
元号が変わった。  日本が負けた第二次世界大戦から七十四年。  ある蒸し暑い夏の日に出会ったのは過去に生きていたはずの少女だった。
ある日、昭和19年にタイムスリップした白河みつきは、男所帯の大日本帝国海軍航空隊でただ一人の女整備士として働く事に。戦争を知らないみつきはやがて激化していく戦争に戸惑いながらも、國の興廃を懸け大空に舞...
特攻隊員の話です・・ 俺は特攻隊員として華々しく散った。愛する日本を守るため、愛する人を守るため、死の棺に乗り込んだ。俺と治郎は見事、空母に特攻した。そして、死んだ。 死んだ後、約束の場所である靖...