このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
考えすぎ。繊細。指示通りにしか動けない。 そんなヘナチョコの日常です。
掲載: マグネット 作者: MaRyu
更新: 2時間前 2019/10/20 07:19 更新
主人公のセレスは母に技術を叩きこまれた錬金術師である。 錬金術師としては天才であり、採取の為の危険行動も苦と思わず、戦闘能力も高い。 だが彼女には致命的な欠点が有った。余りにもコミュ障だったのだ。...
主人公のセレスは、母に技術を叩きこまれた錬金術師である。錬金術師としては天才であり、採取の為の危険行動も苦と思わず、戦闘能力に関しても高い物を見せていた。 だが、セレスには致命的な欠点が有った。...
主人公のセレスは母に技術を叩きこまれた錬金術師である。 錬金術師としては天才であり、採取の為の危険行動も苦と思わず、戦闘能力も高い。 だが彼女には致命的な欠点が有った。余りにも…
最強の勇者として生まれ、数々の困難を大した苦労もなく乗り越えた勇者は、ようやく魔王を討伐する事に成功した。そのご褒美として、女神から一つだけ願い事を叶えてもらえる事になって、かねてよりの夢であった、家...
早良尻(さわらじり)エリカは23才の女子大生。 人嫌いが原因で自殺した彼女は、神様に人嫌いを咎(とが)められ異世界に飛ばされてしまう。「お前を誰にも気づかれない存在に生まれ変わらせてやろう。 人恋しい...
人喰い鬼を狩る鬼殺隊。その幹部である“柱”しか参加できない“柱合会議”に参加を義務付けられている一般隊士がいるという。そんな彼の役割とは?
コミュ障な男子が、とある理由で死に神様に転生させてもらうことになった。吸血鬼に転生したいとお願いするが、まさかの女の子吸血鬼として転生を果たす。そこへ、コミュ力高めな女騎士が部下…
小学生のころから一昔前のゲームが好きで、当時流行りだしていたフルダイブVRに手を出していなかった赤石信吾。おかげで周囲と話が合わなくなり、大学生になるころには立派なぼっちでコミュ障。そんな赤石もついに...
【3章結】 社畜の松友裕二が深夜残業から帰ると、お隣の早乙女ミオさんが鍵をなくして立ち往生していた。ベランダを飛び移って鍵を開けた松友の「おかえりなさい」が、仕事はできるのに私生活ではコミュ障な早乙女...
俺の名前は草木 明(くさき あきら) トンネルへと入っていく山奥の道。トンネルから出る直前に俺は、今までの遠足を思い出し、ふと瞼を数秒閉じた。再び目を開けると柔らかな白い光が視界を覆い尽くした。...
───人間は怖い人ばかり。 生きてるのって辛いよね。 でもね、死にたくないの。 死ぬのさえも怖いんだ。 誰かこんな私ですが助けてくれませんか?これは、...
更新: 2019/10/14 更新:2019/10/14 7:32
「またのご依頼をお待ちしております」デートが終わる度にそのようなことを言われる。主人公、二ノ宮(にのみや)陸(りく)はゲーム好きの冱えない青年。今まで好きな人ができたことも、交際をしたこともなく恋愛を...
夏ですね〜 蝉が鳴いてますね〜 異色すぎる作品となりました。 よかったら読んでくださいな〜 てな訳でどうぞ!! ↓あらすじ〜 眼が覚めると俺は……俺は……蝉になっていた。 死んだ時の記憶は飛んで...
眼が覚めると俺は……俺は……蝉になっていた。 死んだ時の記憶は飛んでいる。 だが、これだけは言える。 「なんで転生先が蝉なんだよぉお!! クソゲー人生じゃねぇか!!」
夏ですね〜 蝉が鳴いてますね〜 異色すぎる作品となりました。 よかったら読んでくださいな〜 てな訳でどうぞ!! ↓あらすじ〜 眼が覚めると俺は……俺は……蝉になっていた。 死んだ時の記憶は飛んで...
どうも 錐餌八戸です!まーたですよヒプマイ放置でA3!つくっちまいましたよ!注意事項※この小説はお試しで書いています※故に口調、性格等がキャラにあわないことがあ...
更新: 2019/10/06 更新:2019/10/6 0:21
コミュ力お化けに産まれたかった
掲載: 占いツクール 作者: 作者
更新: 2019/10/05 更新:2019/10/5 18:59
「あ、え……? ん? ……うん。これ夢か……」 『空想は科学の範囲を超えない』 の文字を並べた紙を自室の部屋に貼る少年が目を覚ました場所はーー
「あ、え……? ん? ……うん。これ夢か……」 『空想は科学の範囲を超えない』 の文字を並べた紙を自室の部屋に貼る少年が目を覚ました場所はーー
ずっと魔力を帯びた霧と魔物で溢れた森で暮らしてきた。家はあるけど誰のものかわからない。勝手に住んでます。だって住み始めたときの記憶はないんだもん。 退屈はしなかったよ。家には本がたくさんあるから!...
魔法学校に入学してからのこの一年、常にダントツ最下位を取り続けてきたユーリンの、春の討伐演習パートナーになったのは、毎回ダントツで首席の成績をおさめている騎士家系の異端児、通称『首席騎士』様。...
人見知り、あがり症、陰キャ。いつも声が裏返り、同年代とはまともに喋れない主人公。 そんなダメダメな高校生活を送っていたある日、教室で寝て起きたら目の前に好きな人パンツがあった。そこから何故か歯車が噛...
僕のクラスには学年どころか、校内一の有名人がいる。  艶やかな長い黒髪に整った目鼻立ちで、モデルさんのようなプロポーション。  先生の意地悪な問題さえも解いてしまう高い知性、アカデミック・スマート。...
大学受験も終わった三月のある日、部屋の片付けを始めた僕は、机の引き出しから一本の色鉛筆を見つけた。その色鉛筆にまつわる、ちょっぴり甘酸っぱいエピソード。
空賊が来襲してきた午後2時半、絶対に家から出るなとあの子から念を押された私はその忠告をさらっと無視して、イケメンの顔を拝むためだけに無法地帯と化した街に飛び出したのだった。
空賊が来襲してきた午後2時半、絶対に家から出るなとあの子から念を押された私はその忠告をさらっと無視して、イケメンの顔を拝むためだけに無法地帯と化した街に飛び出したのだった。
《姿無き英雄》と呼ばれる存在が居る。人の前に姿を現さず、だけれども確かに存在し、人の手助けをしてきたもの。強さこそ全てとも言えるようなこの世界で強者として存在する《姿無き英雄》の正体は一人の少女だった...
次が最終回……になりませんでした。あと少しだけお付き合いください。 セカンダリ・ロール(Secondary Role): 助演、脇役、二次的要素、サブシナリオ などの事。 自分に何もないなら、考...
ある男の机の上に置かれていた独白文。