このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
「引っ越してみないか」  それは、父・和月(わつき)のとうとつな思いつきだった。  高校入学を目前に控えた芽依(めい)は、水啾深荘(みずなみそう)というアパートで初めての一人暮らしを始める。...
母親の呪縛から離れ、ようやくたどり着いた 下宿は…実はとんでもないところだった! いわくありげな魔女たちの巣食う《魔女の館》 と言われるアパートだった!
桐生由弦は高校進学のために、学校近くのアパート「あけぼの荘」に引っ越すことに。  しかし、あけぼの荘に向かう途中、由弦と同じく進学のために引っ越す姫宮風花と二重契約になっており…
桐生由弦は高校進学のために、学校近くのアパート「あけぼの荘」に引っ越すことに。  しかし、あけぼの荘に向かう途中、由弦と同じく進学のために引っ越す姫宮風花と二重契約になっており、既に引っ越しの作業が始...
【連載再開しました!!】 「あの!! ここに住まわせてくださいませんか!? お金ならいくらでも••••••あ、 ないんでした••• うう••••••」 どこにでもいる高校三年生の俺、田山柚斗が我...
「家具・家電・きつねつきっ!」 もしあなたが家具も家電もついていて1ヶ月10000円の家賃なら、たとえ事故物件だと言われてもその部屋に住めますか? しかも、そのアパートにある秘密が隠れていたとしたら...
異世界へと転移した者。 その存在は、どうなるのだろうか。 行方不明、死亡、消滅…。 様々な例があるが、1番辛いのは矢張り、その世界から存在が消滅することだろう。 僕は空と呼ぶべきか...
異世界へと転移した者。 その存在は、どうなるのだろうか。 行方不明、死亡、消滅…。 様々な例があるが、1番辛いのは矢張り、その世界から存在が消滅することだろう。 僕は空と呼ぶべきか分からない、白い空間...
<アディソンガルド>と<地球>は融合した。なので魔王ちゃんは美少女を集めてアパートで暮らすことにした。魔王ちゃんは壊したかった。でも魔王ちゃんは迷っていた。迷っていたので酒を飲んだ。ホストクラブで呑ん...
異世界へと転移した者。 その存在は、どうなるのだろうか。 行方不明、死亡、消滅…。 様々な例があるが、1番辛いのは矢張り、その世界から存在が消滅することだろう。 僕は空と呼…
ようこそ、幽霊アパートへ。 私はここの管理人、ユーレイ・ア・パートです。 幽霊アパートとはアパートに住んでいる幽霊たちの悩みを夜明けまでに解決しないと、一生出られないと言われている恐ろしいアパートです...
あの学祭から時は流れ、桜井優介は3年生になった。新たに隣人となった後輩には誰にも言っていない秘密があって……?▼優介を待ちかまえる、新たな運命。▼ツイッター始めました!「たけぽんの憂鬱」で検索していた...
『あの頃の僕たちは、一体何を食べて生きていたんだろう。思い出そうとしても、食事をしているシーンが浮かばないのだ。だから僕はこう思う。きっとかすみを食べて生きていたんだろうと』 …
ここは或町のアパート。二階建て、計六部屋。六つに別れた部屋で暮らす六通りのライフストーリー。大学生、社会人、カップル、普通に生きていれば決して交錯しないはずだった六部屋の物語
バス修理の為、かばん達4人は廃墟の町へ。酒店でメジロに出会い、スズメを追うイエネコに出会った。サーバルに憬れるイエネコ。スズメを捕える理由は…▼アニメ1期その後。少しネタバレあり。▼「ガールズラブ」タ...
一分と少しで読み切れます。 本当です。 二分以内に読み切れます。 絶対です。 絶対読んでください。
昔からある怪談話を、私なりに、あまりコワくないようにアレンジしてみました。
実家を離れて一人暮らしをすることになった男子高校生「天王」が引っ越してきたのは、激安アパート「メゾン・ミクニ」。好立地にもかかわらず激安なのはここが事故物件だから。アパートの管理…
公園のベンチに、野球帽を被った少年が下を向いて座っていた。
母子家庭の中学生・七海。妻と息子と別居中の教師・長川。長川の息子・けんた。おんぼろアパートから始まる、3人の「愛」にまつわるヒューマンストーリー。
オルゴールみたいな音が聞こえる。  やがてそれは、ぽんと弾けて愉快な音楽へと変わっていく。  サーカスみたいな、懐かしい子ども時代みたいな、わくわくして泣きそうになる曲が、いつもそのアパートには漂って...
私が一番好きなのは、1号室の女の人です。
私は関東地方の郊外の古びた町に居た。その駅から遊び半分に短い支線に乗ったが、終点には半分倒壊した古いアパートが在った。そこで私は予感通り、忘れられないものを見た。