このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

目が覚めると、知らない部屋にいた。 目の前には15~16歳くらいの、気弱そうな男が盛大に震えながら立っている。 あれ? だれだっけ、こいつ。 え~っと……。 ああ、そうか。 「俺...
あたし、死んだの? 好奇心で山から降りて、車に跳ねられて生命を落とした仔狐が、助けようとしてくれた優しい人を守ろうと頑張ったり、空回りで怖がらせてしまったり……。 大切な人を守るため、...
凶悪そうな見た目のせいで血気盛んな不良・チンピラの皆さんと毎日のように拳で語り合ってくる、ケンカっ早い幼馴染のケガの手当てをしていたら、いきなり白い光が目を覆う。 目を開けたらそこには華奢な美少...
私の営むカフェには、ちょっとした幸運特典がついている。なぜなら私は「導きの聖女」だったから。 異世界を救って現世に戻ってきた私は、僅かに残る導きの力を使って、訪れるお客様に小さな幸せのきっかけを...
魔法学校に入学してからのこの一年、常にダントツ最下位を取り続けてきたユーリンの、春の討伐演習パートナーになったのは、毎回ダントツで首席の成績をおさめている騎士家系の異端児、通称『首席騎士』様。...
【本編:完結済み】 魔法学校に入学してからのこの一年、常にダントツ最下位を取り続けてきたユーリンの、春の討伐演習パートナーになったのは、毎回ダントツで首席の成績をおさめている騎士家系の異端児、通称『首...
「私が悪かったので、もう許してください……!」 その日私は、学園一のイケメン様に誠心誠意、頭を下げて懇願していた。 「何の事だ、意味がわからん。相手に伝わるように工夫して話せ」 くそう、顔はイ...
夢を、見ていた。 「もうそこまで敵が来てる!」 「王子を隠し扉へ! ここは私が食い止める!」 私は叫ぶ。夢の中で私は、白銀の鎧に身を包んだ女騎士だった。 ****************...
ある日突然異世界に召喚され、『聖女』として『勇者』を選ぶ事になった私。 選んだ子は、ひとつ年下の男の子。 夢だと思っていたからこそ、私は気軽にその子を選んだ。 同じ日本人で、元気そうで、...
【旧題】あたし、スライム! 初めての恋をしました。 今日は朝から、気持ちがいい抜けるような青空で。昨日まで降っていた雨のおかげで草花はどれも瑞々しくって、あたしご機嫌で草をはみはみと溶かしていたの。...
目が覚めると、知らない部屋にいた。 目の前には15~16歳くらいの、気弱そうな男が盛大に震えながら立っている。 あれ? だれだっけ、こいつ。  え~っと……。  ああ、そうか。 「俺、召喚、され...
目が覚めると、知らない部屋にいた。 目の前には15~16歳くらいの、気弱そうな男が盛大に震えながら立っている。 あれ? だれだっけ、こいつ。  え~っと……。  ああ、そうか。 「俺、召喚、され...
【第五回ネット小説大賞受賞: 2巻3/28発売済み】【コミカライズ7/30 2巻発売】 皇太子殿下からの婚約破棄を受け、乙女ゲームの舞台から降りたクリスティアーヌ。 街の宿屋兼食堂で庶民のクリスと...
それは2階にある自分の部署に戻るため階段を上っていた時だった。 「うわっ」 小さな叫びと共に、上から人が降って来た。 つまずいたのか何なのか、私の真横を緩やかな放物線を描いて落ちていく彼は……...
あたし、死んだの? 好奇心で山から降りて、車に跳ねられて生命を落とした仔狐が、助けようとしてくれた優しい人を守ろうと頑張ったり、空回りで怖がらせてしまったり……。 大切な人を守るため、あたし、強...
妖と恋をする一風変わった和風乙女ゲームの世界に、妖狐:千尋様の許嫁として転生した真白。 大好きなキャラクターだというのに、弱者の性か巨大な妖力を持つ千尋様が怖くて怖くて仕方がない。もう本能の領域ゆえ...
「ごめん。やっぱり僕は、君を愛せない」 泣きそうな顔で、目の前の男が小さく告げる。「愛せない」ですって。なんて残酷な言葉なんだろう。 「わかってるわよ、そんなこと」 生まれ落ちた瞬間から私の...
【2018年11月1日】角川ビーンズ文庫様にて発売されます! 「帰れない……? 帰れないって、どういう事?」 私は、呆然と呟いた。 「嘘でしょう? だって浄化が終わったら、私が召喚されたあ...
「僕の麗しのラシェール、君は今日も綺麗だ」 わたくしの旦那様は今日も愛の言葉を投げかける。 でも、その言葉は美しい姉に捧げられるものだと知っているの。 ねえ、わたくし、貴方の子供を授かったの...