このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
大妖怪の妖狐「オウカ姫」と、人間の伯爵のもとに生まれた一人娘「リリア」。頭には狐耳、ふわふわと宙を飛ぶ。性格は少々やんちゃで、まだまだ成長期の仔狐なのでくしゃみで放電するのもしばしば。そんな中、王子と...
書籍版1~4巻、コミック版1~3巻、発売中(comicブースト様にてコミカライズ連載中)/二十七歳の若さで死んだ、最強にして最凶の黒騎士オブライトは、大きなリボンが似合う可憐なメイド、マリアとして生ま...
その精霊は美しい女性の姿――ではなく、何故か13歳くらいのちんまりとした男の子っぽい姿をしているメイベル。ある日、一人の老人に「最高の死を迎えるために」と手を差し出され、彼の最期まで付き合うことを約束...
【ベリーズ文庫/8月10日発売予定】「ベリーズカフェ様で特別連載中/書き下ろし新作(8月刊で発売予定)」ドジで不運体質のリズ。ようやく就職出来た先は、なんと超危険な戦闘獣を相棒にしている王国軍の獣騎士...
村一番の登り名人デイビー。彼にはライバルのオーティスがいた。どんなに頑張ってもかなわない、けれど自分には『木登り名人』というものしか取り柄がない……。みんな認めてもらおう。そう頑張り、悩み、泣いたデイ...
気難しく思考的・心的な融通のきかない彼は、ある時「恋」に興味を抱いて考えだす。しかしながら、その思考はどこかズレていて/優秀な彼(ただし「変」「かたい」「柔軟さに欠ける」)は、優秀な医者(しかし言葉や...
選ばれた貴族の少年たちが通う学園で、戦闘奴隷出身として知られている『最強風紀委員長サード・サリファン』は嫌われている。実はその出自やフルネームは嘘で、百年ごとに繰り返されている≪悪魔≫との闘い終わらせ...
前世も今も、男の格好してるんですけどっ!?/魔法のある世界で、大魔物との激闘の末、戦いを終わらせるため自分を嫌っていた魔術師の杖を奪い取って「ばいばい」と笑って死んだ。そうしたら魔法のない世界で生まれ...
僕は、彼女が可愛くて、愛おしくて仕方がない。
掲載: エブリスタ 作者: 百門一新
更新: 2019/10/17 4,544文字
ああ、どうかもう少し、ああ最期に一目は、と――「私」は今になって、こんなにも生にしがみついている。
掲載: エブリスタ 作者: 百門一新
更新: 2019/10/15 34,615文字
アラタは物心付いた頃から、両親に連れられて住む土地を転々としていた。故郷と呼べる場所はない。ただ、いつの頃からか、ずっと二頭の水牛が現れる夢を繰り返し同じ見ていた。/家族と離れての高校の寮暮らし、母の...
本当に伝えたいと思った人には、もう届かなくて、一番に祝って欲しい人はその時にはもういなくて……
掲載: エブリスタ 作者: 百門一新
更新: 2019/10/06 19,132文字
いつも絵ばかり描いている中学二年生の彼方は、唯一の美術部だ。夏休みに入って「にしししし」と笑う元気で行動力のある一人の女子生徒が美術室にやってくるようになった。ただ一人の写真部である彼女は、写真集を作...
『人工夢世界~』帰還後・番外編。帰還直後、エルを迎えに飛び出したログ(36歳・大男・野獣)。未成年に見られる20歳の男装少女エルと、エルが欲しいログとの関係性や距離感が変化したり、仲間として彼女を大切...
ラビィは、自称『ラビ』を名乗る男装の獣師だ。彼女にしか見えない黒大狼のノエルと暮らしており、動物と話せる能力を持っている。格好や喋り方で少年と誤解される事が多く、何かと構ってくる幼馴染で副隊長のセドリ...
村で暮らす平凡な私には、昔からよく甘えて泣きついてきた美麗な幼馴染がいる。王都で立派な騎士になったと思ったら「寂しくて死んでしまいそうだッ」と突撃されて、何故かその日で彼の妻になって夫婦生活がスタート...
五歳だった俺は入園式で≪彼女≫を見た瞬間、自分が前世で悪党みたいな貴族で、悪役令嬢と呼ばれ婚約破棄された少女と結婚して夫婦だったことを思い出し、急きょ通う幼稚園を変えた。しかし高校デビュー初日、俺は小...
男の子の恰好で走り回る元気な平民の少女、ティーゼには、見目麗しい完璧な幼馴染がいる。彼は幼少の頃、ティーゼが女の子だと知らず、怪我をしてしまった事で責任を感じている優しすぎる少し年上の幼馴染だ――と、...