このサイトについて

複数のWeb小説の更新をまとめて確認できます。
各小説の「マイリストに追加」を押すとリストに追加されます。

■紹介記事
ネット上で無料で読める小説・ラノベの更新情報がまとめてチェックできる「Web小説アンテナ」 - GIGAZINE
【雑記】Web小説アンテナがオープン - まろでぃの徒然なる雑記
ランキングも追加されたWeb系小説更新情報サイト「Web小説アンテナ」 - TEXT FIELD

サイト

人気タグ

検索結果

マイリスト 0 | 1 | 3 | 5 以上の作品を表示
⑴『うたと、かたりに、ついて』・・・うたと、かたりの、新定義 一種の遊戯の様で、芸術的な、うたと、かたりに、ついての新定義。形而上と形而下の問題を提起しつつ、その内奥に踏み込んだ、評論的文章。 ⑵『...
⑴『原付狂い』・・・毎日の原付における、快適な旅の所作の狂い 歩数を伸ばす為に出る駅前まで、いつも原付を使用している。とにかく便利な原付は、快適な疾走感があるし、自分に非日常を与えてくれるとする、小説...
⑴『飲料狂い』・・・何度も飲み直す、水という物質 学生時代、授業中に飲めない水を、休み時間に飲みに行っていたという話。それに続いて、ここ数年、飲料を買わなかった日はないくらい、色彩を変える飲料に狂い切...
『不協和音を音律へと具現させる階位』 言語が主体の会話を中心とした、意味の分からない階位の、架空の連作小説。
⑴『amazon狂い』・・・相変わらずのボディバッグ狂いの方法として 便利な配達方法によって、まさにその現象によって、amazonでのボディバッグ購入に狂っているとした。また、無数のボディバッグを見る...
『小説の語法について』 言葉を操ることが、小説へと繋がって行く、というよりは、言葉の壁を壊して、ダイナミックに小説書いて行くくらいでないと、小説執筆は難しいという内容。それを敷衍して、小説の語法につ...
⑴『松屋狂い』・・・手頃な値段の絶品の食として 最大でも一日に一度、訪れるくらいの松屋だが、飛び切り美味しい、ネギたっぷり旨辛ネギたま牛めしに、現在は狂っているとする、小説的エッセイ。 ⑵『松屋狂い...
⑴『コンビニ狂い』・・・日夜空いているコンビニの光について 日本人が一番狂っているのは、コンビニではないかと提起した。美しい城にも見えるコンビニに、日本人が狂わない訳がない、コンビニが全て日本から消え...
『観念的思考法』 観念的思考法という、簡単で難しいという、絶対矛盾する現象について述べた、連作の評論的文章。観念の喪失から、観念の再生を目指す内容。
⑴『ファッション雑誌狂い』・・・時々行く、或る喫茶店で読解するファッション雑誌 或る喫茶店で、新聞や雑誌が置かれているコーナーで、いつも手に取るファッション雑誌に、読解中に、空間時間と雑誌に狂っている...
⑴『ペットボトルのお茶狂い』・・・生活におけるお茶の位置 白昼のために購入するペットボトルのお茶は、生活のバランスを取るために必要不可欠に狂っているという、小説的エッセイ。 ⑵『ペットボトルのお茶狂...
『意味が不明な場合の考察論』 意味が不明な場合の、物事の在り方、また、その場合に置ける現象の存在について述べた、評論的文章。
⑴『埴谷雄高論』・・・死の結果に関する観念の位置 自同律という言葉を引き出して、「死は観念である」、或いは、「観念は死である」、というもはや自同律ではない文章を創造し、難解を図式化した。しかしまた、...
⑴『埴谷雄高論』・・・小説の方法論から見る自由性  『カントとの出会い』から文章を抜粋して、最高存在に関する考察をした。また、埴谷雄高から影響を受けた、所謂言葉、文章、小説の自由性について、また特徴...
『雨の日に臨む晴れ間から』 自由が利かない雨の日は、自分は規定されてしまう。また、雨の日の晴れ間には、神々しさがある。そういった、状態を、悲しくも楽しく過ごす日常の、晴れの日までの経緯を述べた小説。
更新: 2019/09/29 全5部分
⑴『書く概念が崩れ、現実を書く対象を求める狂い』・・・物書きの、或る事象に於ける狂い 本当にしたいことは何か、という現実が迫ってくるが、本当の現実主義者とは、夢を諦めることではなく、生活上の利益を得...
『鍵(カギ)による、支配と解放』・・・諧謔的物語 鍵を主軸として、その存在や役割に対する、意識や精神についての創造的小説文章。日常における、自己世界の、自由的不自由、不自由的自由と鍵に関する物語。連...
⑴『しまむら狂い』・・・バッグ商品の様々なる展開 駅近くのしまむらに置いて、しまむらブランドではなく、他社の商品を売っている、バッグ商品のコーナーに狂っていると言う話。それが、日常生活の少しの狂いで...
『鍵(カギ)による、支配と解放』 鍵を主軸として、その存在や役割に対する、意識や精神についての創造的小説文章。メタファを多く用いた、所謂啓示的台詞を載せた内容。連作小説。
『廃墟でまた会おう』 大人になること、それは悪くなることだろうか。学生時代の校舎は建て替えられ、思い出は過去の物となった。芸術至上主義と廃墟の関係性に於ける問題、自身は、最後に、何かを超越したものに...
『劣化する人間Aの思想的生き方論』 君の台詞に対して、正常に反応する自分、自称人間Aは、君との会話の中で、如何に希望を見出すかを思考しているという、架空の思想的小説。
更新: 2019/08/17 全2部分
⑴『小説家になろう狂い』・・・架空上の小説家としての狂い 小説家になろうというサイトで、架空上の小説家として、小説を書いていることに対する、幸せや苦悩。そこから発生する、長い道のりの先に、光が差すこ...
『支配的客観者の、憂鬱思想』 自由な立場である支配的客観者は、反逆するものだけを待つ悲劇者になる。その立場は、人間が生き延びる為に生み出した、一種の魔法の様なものだとする、評論的思想文章。
⑴『トートバッグ狂い』・・・部屋から少しずつ発見されるトートバッグについて 部屋に点在していたトートバッグが、或る出来事を契機として、増え出したかのように狂いだした。部屋が自分に、トートバッグを買え...
『復讐の無い世界』 五十音から、或る一字を抜粋し、羅列した文字を言葉遊びの様に書いた散文詩的文章。文字を逆に文章にすれば、復讐は無いのか。実験的創作。
更新: 2019/08/06 全44部分
『狂人のふり、の思想』 本当には狂ってはいない、狂人のふり、と言う思想に着目した小説。狂っていることと、社会との関係性や、狂いにおける、自己生活の有り方を書いた、虚構の小説。
更新: 2019/07/31 全6部分
⑴『小説狂い』・・・小説を読むこと、書くことへの、単純な狂い 小説を読んだ後、何故感想文、論文が必要になったのか。また、小説を自由に読み書きすることで、人間は小説に狂えるという、評論的文章。 ⑵『...
⑴『ボディバッグ狂い』・・・両手の自由が利く、ボディバッグの利便性 ボディバッグにおける、使い勝手の良さと、他のバッグではなくボディバッグを選んだ理由。両手の自由が利くことの有効性を含む、評論と物語...
⑴『観念学について』・・・観念的な消失と人間性 社会に出て役に立つとされる学問、しかし、重要なのは、観念的学問よりも、芸術から派生する人間性だとする評論的小説文章。 ⑵『観念学について』・・・観念...
更新: 2019/07/18 全6部分
⑴『コーヒー狂い』・・・缶コーヒーについての考察 コーヒー、特に缶コーヒーについての考察。自身と自販機との関係性を含む、物語と評論の間を取ったエッセイ。 ⑵『コーヒー狂い』・・・コーヒーの本質に関...